最新記事

過去記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新コメント

注目記事

■MH3 ガンナー アルバソロ討伐記
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

■MH3動画を撮る方法
 1 / 2

■MH3 封龍銃シリーズ
 封龍銃シリーズ

■MH3 ヘルメットガンナー防具
 ヘルメットガンナーお勧め防具

■MH3 タイムアタック
 タイムアタック

■MHP2G 決戦 最後の招待状(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 極限 / 伝説

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(上位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / おまけ1 / おまけ2 / おまけ3

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(下位装備限定)
 極限1 / 極限2 / 極限3

■MHP3体験版 ロアルドロス0分針討伐
 1 / 2 / 3 / 4 / 5

■MHP3 メイン武器ランキング投票
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 終焉を喰らう者に挑め!(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 ガンランス イビルジョー5分針討伐!
 1 / 2 / 3 / 4

MH4 シャガルマガラ攻略

スポンサードリンク



分からない事は即検索!

Google

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

⇒ TOPスポンサー広告>ロックラック パーティ狩猟 狂詩曲


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ



前のページ /  次のページ  2010/11/15

ロックラック パーティ狩猟 狂詩曲

⇒ TOPMH3 狩猟日記>ロックラック パーティ狩猟 狂詩曲


--ロックラック 酒場--

かに「さて、大いなる障害を一致団結、愛と努力と友情で乗り越えて、ついにロックラックへ帰還した訳だが……」

アリア「……そんなご大層な冒険でしたっけ?(疑)」

セバスチャン「ただいらん苦労をしただけだニャ」

かに「何を言うか! 今でさえ、我輩の身体は何者かの呪縛により、満足に動かぬ状況なのだぞ!?」

シオン「先輩。素直にWiiの操作方法を忘れたと言いましょう」

メルル「ご主人様、正直は美徳ですニャ」

かに「うむ。キレイさっぱり忘れたぞ。はっはっ……」

アリア「たあ」

ゴスッ

かに「きゅう……」

アリア「威張っていうことじゃ無いです。そんなんで、フレンドの方達が来たらどうするんです?」

かに「(フラフラ)う、うむ。ヘルメットガンナーズの面々であれば、彼らに狩らせておいて、我輩はその隙に操作方法の復習に精を出そうと思うが」

アリア「こ、ここにきて寄生プレイですか?(ガックリ)」

かに「寄生言うな。これもまた、ある種の協力プレイと言えなくもない……はず」

セバスチャン「協力を求める側が言っちゃならんセリフだニャ~」

かに「やかましい。えーっと、まずは何だったかな……右がアクセル、左がブレーキ、だったか?」

シオン「……先輩、それは車の運転です(呆)」

???「こんにちはー」

メルル「ご主人様、どなたかお客様が来られましたニャ」

かに「何? ガンナーズの面々か? おう、久々……」

久々のロックラック1

YAME LEN「どうも初めまして! かにさんのブログ、いつも拝見させてもらってます!」

かに「……ハ、ハジメマシテ!」

アリア(マ、マズイですよ! かにさんがこんな有様なのに、読者の方が来てしまいました!)

セバスチャン(旦那さんのヘッポコプレイを見せた日には、確実に読者が1人減ってしまうニャ!)

かに(だ、大丈夫だ! 何せ当ブログでは、我輩が凄腕と謳ったことは無いのだからな!)

ゴキッ

かに「きゅう……」

アリア(威張って言うことですか! 少しは上級ハンターっていう自覚を持って下さいッ!)

YAME LEN「あの~、どうかされましたか?」

アリア「あ、何でもない、何でもないですよ!?(汗)」

YAME LEN「そ、そうですか? ところで私、まだ狩りに慣れてないものですから、レイアあたりからお願いしたいのですが……」

セバスチャン「渡りに船とはこのことだニャ! 丁度旦那さんも、レイアをやっとこ狩れるレベルに……」

かに「(ガバッ)ふははは、そういうことであれば仕方が無いな! 我輩としてはジョーくらいを軽く狩りたい気分ではあるが、そういうことならレイアを狩りにレッツゴーだッ!」

セバスチャン(ムームームー!)

シオン「……先輩、人としてそれはどうかと思いますが(呆)」

アリア「最低です(冷)」



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



--1時間後--

かに「……と、いう訳で……レイアと、ギギネブラを、狩っ、て、来たぞ(ゼーハー)」

アリア「どんだけ苦労してるんですか(呆)」

かに「く、苦労など、し、しておらん……。それぞれ、2回ほど気絶を奪って、軽くひねって、やった、わい。た、ただ少し、休ませて、くれ……(バタンキュー)」

メルル「……全力投球だったんですニャ」

シオン「まったく回避が安定していませんね。特にとっさの回避がまったくできていません」

セバスチャン「まあ、回避のボタンを忘れてるくらいだからニャ~」

アリア「回避性能スキルが泣いてますね」

かに(Zzz)



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



かに「……は! ここは一体?」

アリア「あ、かにさん、おはようございます」

かに「……むう。確か我輩はYAME LEN氏と狩りに出て……YAME LEN氏はどうした?」

メルル「お帰りになられましたニャ」

かに「そうか。我輩の華麗なるハンマー捌きを眼に焼き付けてくれているといいが」

セバスチャン「脳内でどれだけ勝手な変換をしたら、そんな考えにニャるのかニャ……?」

シオン「先輩。それはそうと、またお客さんが見えてますよ?」

かに「何?」

ダグ爺「おー、久しぶりじゃな同志よ。最近見ておらんかったが、まだ生きておったか(ニヤリ)」

かに「おう、久々だな同志よ! お前さんこそ、もうとっくに老衰でくたばってたと思ってたぞ!(バシバシ)」

ダグ爺「ほっほっほ。このダグ爺、チビることはあっても、くたばることなどありはせんぞい!」

アリア「……ダメ友ですね(冷)」

ダグ爺「酷ッ! 久々に会ったというに、あんまりじゃないかねアリア嬢ちゃん!」

アリア「(無視)で、何を狩りに行くんです?」

かに「そうさな。リハビリを兼ねて、レウスでも狩りにいくか。同志よ、剣士パーティによるハンマー狩猟を経験してみたいので、そのまま太刀できてくれんか?」

ダグ爺「了解じゃ。最近ハマってる、このジョー太刀の斬れ味を見せてくれようぞ!」

シオン「ジョー太刀? 太刀でほぼ唯一と言われる無属性太刀ですか?」

セバスタン「ニャんちゅーマニアックだニャ(呆)」

アリア「類は友を呼ぶ、ってヤツですね」

かに「(聞いてない)では行くとするか! 久々にヘルメットガンナーズの底力を見せてやろうではないか!」

ダグ爺「そうじゃの! ではれっつごーじゃ!」

アリア(大丈夫かなぁ……)



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



--火山--

かに・ダグ爺『ジョーだーーーッ!!!』

Gyaooooooh!

ドカドカドカッ

かに「な、何でこのジョー、的確にレウスと我輩達の後を付いてくるのだ!?」

ダグ爺「知らん! 知らんがこのままだと確実に喰われるぞい!?」

アリア in 街『かにさん、大丈夫ですか!?』

かに「ちっとも大丈夫じゃないわい! かくなる上は、戦略的撤退か……」

セバスチャン in 街『ダグ爺さんがあっちでジョーと交戦中だけど、アレはどうするニャ?』

かに「大丈夫だ。同志の眼はこう言っている。

『ここはワシの死に場所。ワシに任せて、お主は逃げよ!』

とな! その意思、しかと受け取ったぞ同志よ(感涙)」

アリア『……そーですか? 私には

『え、ワシ、見捨てられちゃう!?』

って訴えてるように見えますけど。ほら、泣きながらこっちに走ってきましたよ?』

かに「バ、バカモノ! こっちにジョーを連れてくるんじゃないッ!(脱兎)」

Gyaoooooo!

かに・ダグ爺『ぐあああぁぁぁーーーッ!!!』



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



--ロックラック 酒場--

かに・ダグ爺(ゼーハー、ゼーハー)

メルル「えーっと、お疲れ様でしたニャ」

シオン「ご無事で何よりです。どうやらレウスも無事狩れたようですし」

かに「ふ、ふ……。ジョーは、情けで、見逃して、やったのだよ(青色吐息)」

ダグ爺「そ、そうじゃな。ジョーは、狩りの対象じゃ、ないことだし、のー(疲労困憊)」

セバスチャン「……そんだけ強がり言えれば大丈夫だニャ(呆)」

アリア「そういえば、また2人、街に来られてますよ」

かに「何?」

ペパ「どーもどーも、お久しぶりです」

かに「おー、ペパ氏ではないかね! 相変わらずマニアックな狩りをしてるのかね?」

ペパ「あははは、かにさんほどじゃーないですよ」

かに「何々、噂に聞いておるぞ? 同志ダグ爺と組んで、ランスの突進オンリーでアルバ討伐とか、片手剣の盾アタックのみでジョー退治とか。着実にアニアック狩猟の道を究めとるようだな」

ペパ「いやいや、実は今、属性速射に凝ってましてね。今度是非、滅龍速射ボウガンで狩りに行こうかと(ニコニコ)」

かに「なんというマニアック! 変わっておらんな!」

アリア「……ダメ友その2ですね(冷)」

ペパ「あれ、私もそんな扱い!?」

アリア「(無視)最後のお1人は初めての方ですよ。ほらかにさん、せめて最初くらいはまともに挨拶して下さい!」

シオン(今更遅いと思いますが……)

久々のロックラック2

hide「どうも初めまして! 今日かにさんがロックラックに来ると聞いて、是非お会いしたくて!」

かに「おお、それは有難い。今日はいい狩りをしようではないか!」

アリア(かにさんとダグ爺さんとペパさん……。絶対、まともな狩りにならないですよね?)

シオン(……99%間違いないですが、hideさんが入ることによる化学変化に期待しましょう)

かに「ではさっそくベリオ狩りに行くか! 素早いヤツの頭にハンマーを叩き込めれば、ハンマーの腕も大分上がろうというもの!」

ペパ「ベリオですか。では私は火炎弾速射で(ウキウキ)」

かに「ううむ、属性強化まで付けるとは、相変わらず趣味全開の装備だな! ……同志ダグ爺は?」

ダグ爺「ワシはこれじゃ!(祀導器【一門外】掲げ)」

かに「おー、これは珍しい片手剣だな! 全武器通して龍属性がNo1のマニアック武器ではないか……って、ベリオに龍属性は殆ど効かんぞ!? お前は一体、何しに来る気だ!?」

ダグ爺「ほっほっほ。片手剣でウロチョロして、同志のハンマー捌きを邪魔してやろうと思ってのう」

かに「何ィ!?」

ダグ爺「同志よ! ワシの妨害を掻い潜り、見事ハンマーをベリオに届かせるのじゃッ!」

かに「……ふっふっふ、その挑戦、受けた! 貴様を吹き飛ばしてでも、このハンマーをベリオに届かせて見せるッ!」

ダグ爺「望むところじゃッ!」

セバスチャン「いやいやいや、それじゃ練習にニャらんニャ(呆)」

シオン「……という訳で、この狩りの成功はhideさん、あなたの手に委ねられました」

hide「何故!?」

アリア「頑張ってきて下さい! もうhideさんだけが頼りなんです!」

メルル「お願いしますニャ」

hide「いきなりな展開ですねぇ……(困)」



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



--凍土--

かに「どっせーーーい!」

ドガッ

ダグ爺「ぬぉわーーーッ!?」

ヒラリッ

ダグ爺「ど、同志よ! 敵はあっち、あっちじゃぞい!?(指差し)」

かに「おおそうだったな、悪い悪い……ち、外したか

ダグ爺「い、今なんか言った! なんか言ったぞな!?」

かに「気のせいだ……(ドシュドシュドシュドシュ)……ぬぁぁぁぁ!?」

ペパ「……ああ、そこは射線上なので、立ってると危ないですよ?」

かに「遅いわ!(泣)」

ペパ「いやあ、済みませんねぇ。何分、速射は1度撃つと止めようが……やや、速射チャンスッ!」

ドシュドシュドシュドシュ

かに「あぢぢぢぢッ! まだ我輩が間に立ってるっちゅーねん!」

hide「皆さん、真面目に、真面目に戦って下さーーーいッ!」

アリア in 街『……ダメダメです』



    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆



という訳で、久々のロックラックパーティ狩猟でした。

この後、ジョーにハンマーでいって欠片も役に立たなかったりとか(1回だけ気絶させた!)、竜撃弾オンリーアルバトリオンに行ったりとか(2オチした!)、実に楽しい狩りでした!

……うん、もうちょっと練習します。


尚、本ブログは一部フィクションです。ええ、一部だけ。全体的に大部分はノンフィクションってのが、また困ったものなのですよ(笑)





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

管理人レス

>晃平さん
そうです。老人は労わらねばなりません。え? ああ、彼はいいんです。あれで喜んでますから(違)

修学旅行! なんて懐かしい響き……。一生に一度のことなので、楽しんできて下さい!

>nanakaさん
そうですねー。楽しく過ごす、という意味では、三月ものブランクをまったく感じませんでしたw

アリアもロックラックで待ってますので、また狩りをご一緒しましょうw

>culaunさん
うーん、culaunさんにとっては、実に時期が悪かったですねw

まあ後の楽しみがあれば、どんな障害も頑張れるってものですよ! 晴れてユクモ村デビューとなったら、また一狩り行きましょう!

>YAME RENさん
やあ、先日はどうもです!

えーっと、その節はスミマセンでしたw 記憶にある限りでも、数回は吹っ飛ばしてしまいまして~。

次回! 次回までにはちゃんと腕を磨いておきますので!

>同志ダグ爺
うん、しっかり殺意は通じていたようで何よりw

あのジョーはビビったねぇ。ロックラック再デビューのその日に、ジョーの恐怖をまた刷り込まれるとはw

ロックラックで追い込みかけるかなー。その時はまた宜しく!

>hideさん
いやいや、こちらこそお世話になりました。

いきなり竜撃弾オンリーアルバなど、マニアック極まる狩りに連れ出してしまって申し訳ありません。しかも私が2オチという体たらく……。

是非是非、また遊びに来て下さい!

>Erzaさん
おお、ここにもヘルメットガンナーズ候補生が! 是非狩りましょう! その時私がガンナーかどうかは分かりませんが、心はいつでもガンナーですから!w

通常特化ガード性能2ヴォルショット、まさに固定砲台ですね! ヘビィと通常弾は相性がいいので、十分戦えると思いますよー。


みなさんマニアックですねw

いや~今回の狩りはとても楽しそうですねw
・・・一応フレ登録はしてあるのですが、ダグさんやペパさんとは
最近会ってないのですよ~orz
3rdまでに一度ヘルメットガンナーズで狩りしたいです><
そのときには僕は最近気に行っている通常特化ガード性能2ヴォルショットで!
いや、意外と使えるんですよ?(中の人があれなんで、ダメージ稼げてませんがw
しかしヘルメット&ガ性2なので死ぬと・・・
顔から火炎が出ますね><
しかしべリオに龍片手剣とは・・・
ダグさんは、ほんもn ゲフンゲフン

とても楽しいひとときでしたv

かにさん ダグ爺さん ペパさん 先日は大変お世話になり、ありがとうございました!
ベリオ、ジョー、アルバ、とても楽しい時間を過ごさせていただきました!
特に竜撃弾オンリーアルバトリオン戦は、新しい楽しみ方を教えていただいた一戦でしたよww
またお会いできるチャンスがありましたら皆さんの邪魔にならない程度に
ご一緒させて頂きたいのでよろしくお願いいたします^^

実はあの格闘で全身筋肉痛になりましてのぅ…(おい)

なかなか殺意に満ちたハンマーさばきでした…(遠い目)
後、ジョーが4連続で同時移動してきた時はマジでビビりましたねw

というワケで、P3発売までにロックラックでのラストスパート。期待してますぞッ!(ニヤリ)

いきなり トップですか あいがとうございま~す

どーも 先日はお世話になりました RENでございます
もっとご一緒したかったのですが中の人が忙しかったようで・・・

 華麗なるハンマー捌きしっかりとやきついておりますよ。ハイ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このカラダに
次回はたくさんお供したいです。

ロックラック・・・懐かしいですね(遠い目
サードまでに復活しようと最初は計画していたのに、見事にテストが11月に・・・(汗

いつかポッケ村やユクモ村でかにさんとまたご一緒できる日を楽しみにしています^^

楽しそ~♪


気心が通じてるみなさんだから、かなり楽しく過ごされたのですねっ☆

あたしもアリアさんとお茶しながら街チャットで応援したかったです♪

( ^-^)_旦~(・∀・∩)♪

ちょww

かにさんww老人は労りましょうww
終盤に至ってはhideさん以外は全ておふざけじゃないですかww
そういえば3rdにイビルジョーとジエンモーラン確定しましたね

でもモーランはソロじゃかてな(ry

明日から修学旅行に行ってきます

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/232-1619ccf4


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。