前のページ /  次のページ  2010/03/12

ヘルメット狩り?

⇒ TOPMH3 狩猟日記>ヘルメット狩り?


かに「あ…ありのまま 今起こった事を話すぜ!」

シオン「今日はいきなりJOJOネタですか?」

かに「うむ。我輩は世代的にジャストミートなのだ。他のブログでも見る機会が多いので、割と市民権を得ているフレーズだと思うのだが」

シオン「まあ私は辛うじて分かるんですが…」

アリア「??」

かに「…世代の壁を感じるのう」

シオン「まあそれは置くとして、一体何があったんですか?」

かに「うむ。昨日『街★6 ディアブロス2頭の狩猟』に野良4人PTで行った時のことなのだがな」

アリア「かにさんはホントにディアクエ好きですねー」

かに「うむ。誰も率先してクエを貼らない場合、我輩が提案するのは大体このクエだ」

アリア「話は脱線しますが、何でです?」

かに「ヤツらは気絶兼角破壊の減気弾頭部狙い、ダメージ重視の貫通弾尻尾狙い他、音爆弾から飛ばせて閃光玉落とし、麻痺、睡眠から頭部に竜撃弾などなど、ガンナーとしては取り組み甲斐のあるモンスターだからだ」

シオン「巷ではオチ率が高く、敬遠されがちなクエのようですが」

かに「ハッハッハ、オチる危険のないクエの何が楽しいものか。それが証拠に、ディア2頭クエでは我輩、結構な確率でオチるぞ?」

アリア「貼り主がそれではダメなのでは…?」

かに「まあ、報酬で古びた御守りが出やすいのと、堅牢なねじれた角は欲しがる人も多かろう、という理由もある」

シオン「まあそれはさて置き、ディア2頭クエがどうしたんですか?」

かに「ありのまま、起こった事を話すと、奴らの見事なまでの連携でハメ殺されたのだ。そう、あれはディアが同一エリアに合流した時のことだ…」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


ディアブロスAの片角を破壊した!

かに(よし、いい調子だな…グエッ! な、何事だ!?)

ディアブロスBの回転尻尾攻撃! ハンターHとかには吹き飛ばされた!

かに(い、いつのまに2頭目が合流していたのだ!?)

ディアブロスAは大きく息を吸い込んだ。

かに(…なにやら背後で怪しい雰囲気が…)

ディアブロスAの咆哮! ハンターHとかには起き上がった瞬間に立ちすくんだ!

かに(背後から咆哮の重ね攻めだと!? これでは回避できん!)

ディアブロスBは大きく息を吸い込んだ。

かに(待て待て待て…)

ディアブロスBの咆哮! ハンターHとかには続けざまに立ちすくんだ!

かに(さらに咆哮の重ね攻めとは…。敵ながらアッパレな連け…ちょ、ちょっと待てッ!)

ディアブロスAの突進! ハンターHとかには立ちすくんでいる!

ハンターHとかには大ダメージ! ハンターHとかには気絶した!

かに(ガード&脱出不能の気絶コンボ!? …いやいやいや、ホント勘弁ッ!)

ディアブロスBの突進! ハンターHとかには気絶している!

ハンターHとかには大ダメージ! ハンターHとかには1オチした!


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


かに「…とまあ、こんな感じだ」

1. ディアBの回転尻尾攻撃

2. ディアAの咆哮(起き上がり後、武器だし状態なので緊急回避不可)

3. ディアBの咆哮(立ちすくみ後、武器だし状態なので緊急回避不可)

4. ディアAの突進(立ちすくみ中なので回避不可。ここで気絶)

5. ディアBの突進(気絶中なので回避不可。ここでオチる)


アリア「…これはまた」

シオン「…見事なまでの即死5連コンボですね」

かに「うむ。初動の回転尻尾が入ったが最後、シールド装備、または高級耳栓か気絶無効のスキルが無ければ確実にキャンプ行きだ」

シオン「即死コンボはアルバトリオンの強襲→バックジャンプブレス重ねなどが有名ですが、2頭による合わせ技は初めて聞きました」

かに「そこで、だ。シオンよ、この連携、とあるタッグ技を思い出さないか?」

シオン「タッグ技、ですか?」

かに「そうだ。この瞬間のディア2頭の心の内は、きっとこんな感じに違いない…」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


ディアブロスAは大きく息を吸い込んだ。ディアブロスAの咆哮!

ディアA「マグネットパワー・プラス!」

ハンターHとかには立ちすくんだ!

ディアブロスBは大きく息を吸い込んだ。ディアブロスBの咆哮!

ディアB「マグネットパワー・マイナス!」

ハンターHとかには立ちすくんだ!

ディアA「クロス!

ディアブロスAの突進!

ディアA「ボンバー!

ディアブロスBの突進!

ハンターHとかには1オチした!


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


シオン「今度はキン肉マンですか…」

かに「うむ。夢の超人タッグ編、ヘルミッショネルズの必殺技だ。これも我輩、世代的にドンピシャなんだよなぁ」

シオン「しかも先輩はヘルメットガンナー。つまりこれはマスク狩りならぬ…」

かに「そう、ヘルメット狩りと言ったところだな。しかもダブルだ」

シオン「しかし先輩。真のクロスボンバーであれば、締めは同時にラリアートでは?」

かに「…細かくも鋭い突っ込みだのう」

アリア「??? あのー、さっきからお2人の言っていることがサッパリなんですが…」

かに「ふ…。男同士の会話だよ、お嬢さん」

シオン「断じて違うと思いますが…」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


分からない世代には絶対分からない内容でスイマセン(陳謝)。





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/30-08dfa653


FC2Ad