最新記事

過去記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新コメント

注目記事

■MH3 ガンナー アルバソロ討伐記
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

■MH3動画を撮る方法
 1 / 2

■MH3 封龍銃シリーズ
 封龍銃シリーズ

■MH3 ヘルメットガンナー防具
 ヘルメットガンナーお勧め防具

■MH3 タイムアタック
 タイムアタック

■MHP2G 決戦 最後の招待状(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 極限 / 伝説

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(上位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / おまけ1 / おまけ2 / おまけ3

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(下位装備限定)
 極限1 / 極限2 / 極限3

■MHP3体験版 ロアルドロス0分針討伐
 1 / 2 / 3 / 4 / 5

■MHP3 メイン武器ランキング投票
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 終焉を喰らう者に挑め!(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 ガンランス イビルジョー5分針討伐!
 1 / 2 / 3 / 4

MH4 シャガルマガラ攻略

スポンサードリンク



分からない事は即検索!

Google

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

⇒ TOPスポンサー広告>ラガード公国 街中探訪


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ



前のページ /  次のページ  2012/05/03

ラガード公国 街中探訪

⇒ TOP世界樹の迷宮2>ラガード公国 街中探訪


樹海入り口

衛士
「世界樹の迷宮に挑みたいならば、まずは公宮に出向いて下さい」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



ハイ・ラガード公国 街中

かに
「うーむ残念」
アリア
「やっぱり、いきなり樹海には入れませんでしたねー」
シオン
「樹海に入るには、公宮に行って大臣の許可を得る必要があるようですね」
かに
「公宮ねぇ。一体どこにあるのやら」
アリア
「あ、あそこに道具屋さんがありますよ。あそこで公宮の場所を聞いてみませんか?」
シオン
「そうですね。それに冒険のための武器、防具類も買えるかもしれません」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



シトト交易所

女の子
「いらっしゃいませ! あ、ごめんなさい。多分、初めましてですよね?」
かに
「うむ、初めましてだな」
女の子
「そうですよね! 此処は私のお父さんのお店です。奥の工房で作った武具や防具を皆さんにお譲りしています」
アリア
「防具も扱ってるんだー。実は私も防具屋をやってたんですよ♪」
女の子
「そうなんですか? えへへ、私はお手伝いですけど、いつもお店にいますから、私の事、覚えて下さいね!」
アリア
「うん、仲良くしてね♪」
かに
「……しかし品揃えが悪いのう」
女の子
「ガーン!」
アリア
「かにさん!」
女の子
「じ、実は最近、樹海の素材が入らなくって……。工房でも武具や防具を全然作れてないんです(しょんぼり)」
シオン
「ということは、ここでは樹海で取れる素材を元に、武具や防具を作っているのですね?」
女の子
「はい、そうです。樹海の魔物の牙とか毛皮とかを売って頂いて、それで皆さんの役に立つものを作るのが私たちのお仕事なんです」
かに
「……成る程。モンスターから素材を剥ぎ取って、それを売れば新しい武器防具が作られる、と。基本的なサイクルはハンター生活と同じってことか」
アリア
「そうと決まれば、早く樹海に行って素材を沢山取ってきましょう! 待っててね、ひまわりちゃん!」
女の子
「ひ、ひまわりちゃんって、私のことですか?」
アリア
「うん。髪飾りがおっきなひまわりだったから。……ダメかな?」
ひまわりちゃん
「いえ、すっごく嬉しいです♪ じゃあ、素材を持って来て下さるのを待ってますね! あ、でも、みなさんは強そうだから大丈夫かもしれませんけど、でも本当に気を付けて下さいね」
かに
「任せておけい、ひまわり少女よ。直ぐにこの店を素材で埋め尽くしてくれるわ!」
ひまわりちゃん
「そ、それはそれでちょっと……(困)」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



ハイ・ラガード公国 街中

アリア
「(ブンブンブン)……うん、中々いいバランスです♪」
シオン
「……アリア。街中で斧を振り回すのはやめなさい」
かに
「しかし、吾輩に剣、アリアに斧、シオンに弓を買ったら、あっという間にギルド長から貰った支度金が無くなっちまったな。やはり早急に樹海に入って金を稼がねば!」
シオン
「その樹海に入るためには、公宮に行って許可を得る必要があるのですが……誰か公宮の場所を確認しましたか?」
アリア
「……あ」
かに
「むう。武器を選ぶのに夢中で、それをすっかり忘れてたな。というか、シオン、お前は確認しなかったのか?」
シオン
「……すみません。あの店にあった火銃の仕組みが気になって、公宮のことを失念していました」
アリア
「あ、あそこに酒場がありますよ。あそこで聞いてみませんか?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



鋼の棘魚亭

シオン
「ごめん下さい。少々道を尋ねたいのですが」
酒場のマスター
「……見かけねぇ顔だな、若造。さしずめ迷宮の噂を聞いてきた新米冒険者ってとこか」
かに
「はっはっは、若造だなんて正直だなマスター」
酒場のマスター
「お前にゃ言ってねえよ。お前らが新米冒険者なら、ここはお前らの来る場所じゃねぇ。まずはお偉いさんに挨拶に行って来い」
かに
「うむ。その挨拶に行くために公宮の場所を教えて欲しいのだ」
酒場のマスター
「おいおい、ホントにド新米かよ。公宮なんぞ、一番デカイ建物ってのが相場だろうが」
アリア
「あ、そっか。おじさん、ありがとうございます♪」
酒場のマスター
「お、おじさん!? バカ野郎! オレぁまだ40代だぞ!?」
アリア
「……おじさん、ありがとうございます♪」
酒場のマスター
「……おい嬢ちゃん、オレの声は聞こえてるか?」
アリア
「大丈夫です。しっかりハッキリ聞こえた上で言ってますから♪」
酒場のマスター
「か、可愛い顔して言うことキツイ嬢ちゃんだぜ……。そんなこと言ってっと、お前らにゃ仕事回さねえぞ?」
シオン
「仕事、というと?」
酒場のマスター
「ああ、此処にはな、色んな話が流れ込むんだ。アレ拾って来いだ、コレと戦って来いだ、な。それをオレがサクッと集めてだな、お前らみたいな冒険屋に配るワケだ」
かに
「……成る程。ここでクエストを受けられるって訳か」
シオン
「そのようですね。今の話だと、狩猟クエストから採取クエストまで、色々なクエストがありそうです」
酒場のマスター
「随分と飲み込みが早いな。だが、大公宮で認められた冒険者にしか仕事は頼めねぇ事になってんだ。と言う訳で、さっさと公宮に行って許可貰ってこい。話はそれからだ」
アリア
「了解でーす。また来ますね、おじさん♪」
酒場のマスター
「へいへい。またな嬢ちゃん(諦め)」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



ラガード公宮

アリア
「ごめん下さーい」
謎の老人
「……はて、どなたかな?」
かに
「あーっと、樹海に居る衛視からラガード公宮に行けと言われたんだが、ここでいいのかな?」
謎の老人
「うむ。ここはハイ・ラガードの大公宮。この地を治める大公さまが住まう公国の中心地じゃ」
かに
「おおそうか! で、爺さんは何者?」
大臣
「この老体は大公さまに仕え、この国の政を司る按察(あんさつ)大臣じゃ」
シオン
「だ、大臣殿でしたか。連れが失礼いたしました(汗)」
アリア
「かにさん、きっと偉い人ですよ! ほら謝って!(汗)」
大臣
「ほっほっほ、そう固くならんでも良いですぞ(微笑)」
かに
「おお、そうか? じゃあさっそく爺さんに聞きたいんだが……」
アリア
「えい!」

ズガッッッ(アックスツッコミ)

かに
「きゅう……」
アリア
「ふう、危ない危ない(汗拭い)」
シオン
「連れの失礼な言動、重ね重ね申し訳ありません(陳謝)」
大臣
「……それは構わぬのだが、公宮内で刃傷沙汰は困るのう(困り顔)」
アリア
「峰打ちだから大丈夫です♪ でも、記念すべきソードマンとしての最初の獲物がかにさんっていうのが、ちょっと複雑な心境の今日この頃だったりします」
シオン
「無理を承知でお願いしますが、取りあえずスルーして頂ければ、と」
大臣
「……相分かった。さて、そなたらは希望を胸に秘め、この国に来た冒険者であろう?」
かに
「(ガバッ)希望では腹が膨れん! 我々は明日の食い扶持を腹に秘めるべく……」
アリア
「よっ!」

ドカメキッッッ(アックスツッコミ)

かに
「むぎゅう……」
アリア
「ふう(汗拭い)。あ、お話続けて下さい♪」
大臣
「……う、うむ。ならば、初めに教えておく。この国で世界樹の迷宮へ挑むには公国民となる必要があるのじゃ。公国民となる為には、この大公宮から出題する試練を……(長々)」
アリア
(コクコクと頷き)
大臣
「……そなたたちが挑むであろう迷宮。この老体は大公さまの命令により……(長々)」
アリア
(ふわぁぁぁと欠伸)
大臣
「……伝説の城を見つけたときにはそなたらに賞金と、望むなら貴族の地位を……(長々)」
アリア
「く~~~(Zzz)」
かに
「ぐ~~~(Zzz)」
大臣
「……連れのお2人は大丈夫ですかな?」
シオン
「……無茶なことだと自覚した上なのですが、この2人は居ないものと思って下さい(諦め)」
大臣
「ほっほっほ。なに、遠方から着いたばかりで疲れてらっしゃるのじゃろう(微笑)」
シオン
「好意的な御解釈、痛み入ります」
大臣
「何はともあれ、まずはミッションを達成して下され。特に期間の指定などは無いので、そなたらのペースで探索を進めてもらって構わぬ。無理はすべからずじゃ」
シオン
「は、了解しました」
アリア
「す~~~(Zzz)」
かに
「ご~~~が~~~(Zzz)」
シオン
「……2人とも、起きて下さい(疲)」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



ハイ・ラガード公国 街中

アリア
「大臣さん、いい人で良かったですねー」
かに
「そうだな。逆に、あれだけいい人で大臣なんつー要職が務まるのか心配になるが」
シオン
「……大臣殿の度量があれだけ広くなければ、3人揃って牢屋行きでしたけどね(疲)」
かに
「はっはっは、何を訳の分からんことを。で、これから我々はどうすればいいんだ?」
シオン
「先ほど大臣殿からミッションを受領しました。樹海1Fの地図を作れば、正式に冒険者と認められれ、樹海探索の許可が下りるとのことです」
かに
「そうか! よしよし、ついに樹海探索、冒険者デビューだな。いざ行かん世界樹の迷宮! これが我らロストウェイの栄光の第一歩となるのだ!」



[感想・コメントはこちら]
[前へ] [メニュー] [次へ]






ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。