前のページ /  次のページ  2010/03/29

プレイヤースキルの向上

⇒ TOPコラム>プレイヤースキルの向上


かに「さて、本日の議題はズバリ、

プレイヤースキルの向上

だ」

シオン「突然どうしたんです?」

かに「先日、TB氏と狩りをしたことは話したな?」

アリア「はい。フレがフレを呼んで、あっという間の10人街だったとか」

かに「その際、我輩とTB氏、それとペッコHUNTER氏の3人でレイア狩りに行ったのだが、その際、TB氏が後1歩でパーフェクトゲームという所まで迫った」

アリア「パーフェクトゲーム?」

シオン「一度もモンスターの攻撃を受けず、ノーダメージでクエストを完了することですよ」

かに「さらに、最近相互リンクしてもらったアイス氏は、村ディアで見事パーフェクトゲームを達成している」

アリア「へー、2人とも凄いですねぇ」

かに「うむ、これは凄いことだ。我輩など狩猟クエはおろか、単なる素材集めでもパーフェクトゲームなどした記憶がない(ザコから被弾するため)」

シオン(それもどうかと思いますが…)

かに「そこで思ったのだ。ヘルメットガンナー伝道師の名に掛けて、我輩もプレイヤースキルを磨かねばならん! とな」

シオン「それは殊勝な心がけですね」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


かに「という訳で、いきなりパーフェクトゲームは無理としても、まずは被弾率を減らすことが急務だ」

アリア「でも、ガンナーってそんなに攻撃を受けないんじゃないですか? モンスターから離れて攻撃するんだし」

シオン「そのはずですが…。先輩、どんな時に攻撃を受けているんです?」

かに「む? そうさな…。

a. 弱点狙撃をするために正面に陣取り、突進を喰らう。
b. 撃っている最中、回転尻尾攻撃を喰らう。
c. 装填中に喰らう。


というパターンが多いな」

シオン「…先輩、あなたは本当にガンナーですか?(呆)」

かに「な、なんだと!?」

シオン「なんだも何も、ガンナーがしてはいけない行動トップ3じゃないですか」

アリア「素人目から見てもどうかと思います…」

かに「うむむむ」

シオン「これは根本的な所から見直す必要がありそうですね。いいですか? 狩りの基本は

ターゲットをよく見ること

です」

かに「なッ、我輩をバカにしとんのか!? そんなのはイロハのイでないか!」

シオン「私だって、HR200になろうというハンターにこんなこと言うとは思ってなかったですよッ!(怒)」

アリア(わ、先生が怒鳴るなんて珍しー)

シオン「いいですか? 先ほどのa-cの被弾には、いずれも共通点があります」

かに「共通点だと?」

シオン「ええ。それは

モンスターが行動可能な時に回避以外の行動をしている

という点です」

アリア「なんか当たり前のことのような…」

シオン「当たり前のことですよ。その当たり前ができていない、ということです」

アリア「…初心者?

かに(グサッ)

シオン「変に知識がある分、初心者より問題アリですね(冷)」

かに(ザクッ)

シオン「おそらくは、PT戦でのパワープレイに慣れすぎて、力押ししかできなくなっているのでしょう。しかし、それではいつまで経っても被弾率は下がりません」

アリア「先生、かにさんが床にのの字を書いていじけています」

かに「…いいんだ、どうせ我輩はHRだけ高くて力押ししかできない、脳筋ガンナーなんだ…」

シオン「自覚があるなら結構です(冷)」

アリア「…先生、今度はふて寝しました」

シオン「アリア、ガンキンハンマーの準備を…」

かに「起きた! 我輩起きたよッ!?」

シオン「よろしい」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


シオン「いいですか? 狩りの基本は先ほども話したとおり、相手の動きをよく見ることです。その上で、

1. モンスターの攻撃を回避する。
2. 攻撃終わりの隙に攻撃する。
3. モンスターが行動する前に攻撃をやめる。


というサイクルで行動することが肝要です。
ちなみにココで言う回避とは、回転回避のことではありません。モンスターの正面から外れる、尻尾の回転範囲外に移動する、といった一連の回避行動を指します」

アリア「素人が聞いても納得の行動です」

シオン「ところが、先輩は3を守れていません。モンスターが次の行動に移る時にも攻撃や装填をしているため、回避行動が間に合わないのです」

かに「…ううむ。そう言われると覚えがあるような…」

シオン「先輩は基本的に貫通特化型ガンナーですから、普通のガンナーよりはモンスターの近くで攻撃しています。だからこそ、このサイクルを徹底する必要があるんです」

かに「成る程。基本が大事、ということだな」

シオン「その通りです。このサイクルさえ守っていれば、被弾する理由はありませんからね」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


シオン「被弾する理由とその対策が分かったところで、今後の課題です」

かに「望むところだ」

シオン「まずは、先の1-3のサイクルを徹底することです」

かに「ふ…。ヘルメットガンナー伝道師に掛かれば、その程度造作も…」

シオン「その際、モンスターの攻撃を回転回避の無敵時間で避けることを禁止します」

かに「な、なんだとッ!?

シオン「回転回避の無敵時間で避けるということは、裏を返せばそこまでしないと避けられない程、モンスターの攻撃を引き付けすぎている、ということです」

アリア「あー、確かにそうですね。もし回転回避に失敗したら、ダメージを受けちゃいます」

シオン「その通り。そもそも、回転回避などなくても相手の正面から歩いて外れるだけで、大体の攻撃は回避可能なんです」

アリア「そういえばTBさんのブログで、TBさんやAMさんが回避性能のスキルを付けてるところは滅多に見ませんでした!」

シオン(それはまた特殊な例ですけどね。激運最優先という)

かに「回転回避不可…不可!?」

シオン「回避性能マニアの先輩にはキツイでしょうけど、使うのは移動の手段や咆哮回避などに止めて下さい」

かに「うーむ…。ホントの緊急時には使っていいよな?」

シオン「その辺りは先輩にお任せしますが、本当に緊急時だけですよ?」

アリア「いっそ、スキルから削りましょうか?」

かに「それだけはやめてくれ! 回避性能スキルは我輩の第二のアイデンティティなのだ!」

アリア「また訳の分からないことを…」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


シオン「もう1つ。先の1-3を徹底するのは勿論ですが、その際、討伐速度を落としてはいけません」

かに「何? 回避に専念することは攻撃機会とのトレードオフだ。討伐速度はかなり下がるぞ?」

シオン「そうでもありませんよ。余裕を持った回避は相手の弱点を正確に狙う時間を作り出しますし、回復に要する時間をそのまま攻撃に使えもします」

かに「うむむむ…。そう理屈通りにいくかのう?」

シオン「理屈を現実のものにするのが、現場のハンターの仕事ですよ」

かに「…ええい、やってやろうではないか!」

シオン「まずは、パーフェクトゲーム3連続を目標として下さい」

かに「3連続だと!?」

シオン「それ位、高い目標を持って取り組んで下さい、ということですよ」

かに「うーむ、K2東壁のように高く険しい壁だな…」


    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆


シオン「最後に、先輩の防具、特にヘルメットについてですが…」

かに「こ、これだけは絶対脱がんぞ!?」

シオン「しかしヘルメットガンナーのコンセプトは、

ヘルメット着用によって防御力【特大】の効果を得る

ことですよね? その防御力が慢心となり、被弾に対して警戒心が無くなっている気がします」

アリア「確かに、普通のガンナー装備に比べて防御力が2割増しですからね」

かに「違う! それは違うぞ2人とも!」

シオン・アリア「?」

かに「我輩はただ

ガンナーの時でも(主にガンキン or ペッコ)ヘルメットを被っていたい!

というだけで、防御力云々のコンセプトは後付けである!」

ゴッ!

かに「きゅう」

アリア「威張って言うことですかッ! 全国のヘルメットガンナーさんに謝りなさいッ!」

シオン(まだ3人しか居ませんけどね…)






ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

管理人レス

>TBさん
いやー、実際凄いと思いますよ? 私はMHP 2ndGをやったこと無いですが、それでも激運装備でモンスターを倒せる気がしませんw

その真髄は、まさに

未然に「当たらない位置」に陣取る

こと!

この基本中の基本を出来ていないハンターがいかに多いことか…。(自分含めw)

それに比べれば、攻撃頻度が減ることや、なれない攻撃は喰らいまくるとか、激運優先で回避性能を付けられないんじゃないか? とかは些細な問題ですw

あわわわわ(汗)

やっべ、私が何か凄腕みたいな紹介に…(汗)
えっと、回避性能を付けてないのは、その…
回避性能を付けても、無敵時間で回避できないだけと言う…(爆)
未然に「当たらない位置」に陣取ることを心がけてます。
すると、攻撃頻度が激減します(おい)
慣れたレイアではそれができても、まだ慣れぬモンスター相手には攻撃をもらいまくりでして…特に、ウラガンキンの回転、ベリオロスの左右飛び、アグナコトルの潜行、ディアブロスの突き上げ、ギギネブラの首&天井、水中全般、ドスジャギィとかペッコとか気を抜いてる相手で被弾率がシャレにならなく…って、多過ぎでしょうか?(爆)

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/46-4e97af6f


FC2Ad