最新記事

過去記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新コメント

注目記事

■MH3 ガンナー アルバソロ討伐記
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

■MH3動画を撮る方法
 1 / 2

■MH3 封龍銃シリーズ
 封龍銃シリーズ

■MH3 ヘルメットガンナー防具
 ヘルメットガンナーお勧め防具

■MH3 タイムアタック
 タイムアタック

■MHP2G 決戦 最後の招待状(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 極限 / 伝説

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(上位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / おまけ1 / おまけ2 / おまけ3

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(下位装備限定)
 極限1 / 極限2 / 極限3

■MHP3体験版 ロアルドロス0分針討伐
 1 / 2 / 3 / 4 / 5

■MHP3 メイン武器ランキング投票
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 終焉を喰らう者に挑め!(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 ガンランス イビルジョー5分針討伐!
 1 / 2 / 3 / 4

MH4 シャガルマガラ攻略

スポンサードリンク



分からない事は即検索!

Google

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

⇒ TOPスポンサー広告>好奇心は何より強し


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ



前のページ /  次のページ  2013/08/14

好奇心は何より強し

⇒ TOP世界樹の迷宮2>好奇心は何より強し


鋼の棘魚亭


かにアリアキャットソフィア
(ぐったり……)

酒場のマスター
「おいおいどーした?」
かに
「……この小娘が、またやらかしてくれてなぁ(頭がしっ)」
アリア
「だ、だって気になったんですもん!」
かに
「気になったんですもん、じゃない! その好奇心最優先の行動をどーにかせいと前から言っとるだろうが!(頭ぐりぐり)」
アリア
「ごめんなさ~い(泣)」




酒場のマスター




「いつもと立場が逆じゃねえか。一体何があったんだ?」
ソフィア
「アリアちゃんが桜の木の下を掘り返したら、そこからデスストーカー……蠍の化け物が際限なく湧き出してきたのよぉ」
キャット
「三回目が出てきた時は、もうダメかと思ったわ……(疲)」
酒場のマスター
「そらまた災難だったな。しかし、何でまたそんな所を掘り返したんだ?」
ソフィア
「何か埋まってるんじゃないか、って気になったんですって。ホントにアリアちゃんは好奇心旺盛ねぇ」
セバスチャン
「そういうトコ、旦那さんによく似てるニャ~」
ソフィア
「あら、そーなの?」
セバスチャン
「ニャ。旦那さんも、気になるものがあると仕事そっちのけで調べに行っちゃうニャ」
キャット
「何だかんだで似たもの親子ってことね(呆)」

かにアリア
「親子じゃない(もん)っ!」

酒場のマスター
「まあ、戻ってきたなら丁度いいわ。オメエら、一つ依頼を受けてくれねえか?」
かに
「ん? どんな依頼だ?」
酒場のマスター
「シトト交易所からだよ。もう慣れっこだろ? 詳しくは本人に聞いてくれや」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



シトト交易所


カランコロン

アリア
「ひーまわーりちゃーん♪」
ひまわりちゃん
「はい、いらっしゃいませ! あ、皆さんどうも! 本日は何の御用でしょうか?」
かに
「おう。鋼の棘魚亭で依頼を受けたんだがな」
ひまわりちゃん
「あ、依頼、引き受けて頂いたんですね? いつもありがとうございます! ……あれ?」
かに
「む、どうした?」
ひまわりちゃん
「デスストーカーさん、ブーツの留め金が外れてますよ?」

かにアリアキャットソフィア
(びくっっっ)

かに
「どこだ!? ヤツはどこにいる!?(きょろきょろ)」
キャット
「アリア! アンタまたどこか掘り起こしたんじゃないでしょうね!?」
アリア
「してないしてない! ホントだよ!?」
ソフィア
「まさか、迷宮からデスストーカーが付いてきっちゃったわけ!?」
ひまわりちゃん
「……あの~。皆さん、どうしたんですか?」
かに
「どうしたもこうしたも無い! デスストーカーはどこにいるのだ!?」
ひまわりちゃん
「……ですすとーかー?」
かに
「今さっきお前が言っただろうが! どこだ!? どこにいる!?」
ひまわりちゃん
「……え? 私、そんなこと言いました?」

かにアリアキャットソフィア
「…………は?」

ひまわりちゃん
「あーもう、やだなー。私、たまに無意識で変なこと口走っちゃうんですよー。えへへ、すみません(てへぺろ)」

かにキャットソフィア
「……」


ごすごすごすっ(げん骨x3)

ひまわりちゃん
「はうぅ! そ、そんなに怒られるようなこと言いましたかぁ!?(涙目)」
アリア
「……ゴメンひまわりちゃん。今のはタイミングが悪かったとしか言えないかな」

*17階到達時、キャラクター名が、直前に戦ったモンスターの名前に
 入れ替わってしまうバグがあるのです。




☆    ☆    ☆    ☆    ☆



第4階層 桜ノ立橋 18F

かに
「まったく、心臓に悪いバグり方をしおってからに(ぶちぶち)」
メルル
「それで、ひまわりさんの依頼は何だったのですか?」
かに
「『薄紫の羽 』なる素材を1個取ってきて欲しいと。それがあれば、新しい剣が作れるらしい」
セバスチャン
「じゃー、張り切って探索するとするかニャ~」
アリア
「それにしても、17階は随分狭かったですね」
かに
「うむ。あれだけ狭いと、逆に仕掛けがありそうだな」
メルル
「仕掛け、ですか?」
かに
「そうだ。例えば、18階に落とし穴を掘っておいて、17階と18階で1つのフロアに見立てる、とかな」
セバスチャン
「もしそうなら、随分と手の込んだ作りだニャ」
かに
「ああ。その場合、どの落とし穴に落ちるかが重要になるはずだ。間違った穴を選べば、致命的な罠に掛かりかねん」

アリアメルル
(ごくりっ)

かに
「無論、落とし穴は一例に過ぎん。他にも何か仕掛けがあるかもしれんから、総員、十分注意するように」
メルル
「わ、分かりましたわ。十分、注意いたします!」
アリア
「わ、私も気をつけます!」
かに
「宜しい。……む?」

鮮やかな花の道を歩く君たちの前を
一匹のがひらひらと横切って行く。

その不思議な蝶は見る物を惹き込む
独特な色彩で君たちを魅了する。

アリア
「うわー、綺麗な蝶々♪」
メルル
「本当ですわね~♪」

手を伸ばせばその蝶を
捕まえることが出来そうだ。


手を伸ばしますか?

YES or NO

かに
「アホか。こんな怪しげな場所で、さらに怪しげな蝶を追うなど自殺行為だ」
セバスチャン
「まったくだニャ~」
メルル
「そ、そうですわね。危ないところでしたわ……(汗)」
アリア
(じ~~~)
かに
「さあ、先を急ぐぞ。今日中に18階踏破の目星を付けておきたいからな」
セバスチャン
「アイアイニャ~」
メルル
「はい、了解です」

蝶は君たちの指先を器用にすり抜け
誘う様にひらひらと舞い踊る。

君たちは蝶が近付くのを待って、
もう一度、手を伸ばしてみても良い。


更に手を伸ばしますか?

YES or NO

かに
「ん? もう一度も何も、最初から手を伸ばしてなど…………はっ!?」
アリア
「蝶々~、蝶々~♪(ふらふらふら~~~)」
かに
「こ、こらアリア嬢っ!」
アリア
「つ~かま~え………たっ♪」

君たちは手を伸ばした勢い
体勢を崩し、一歩前へ
移動してしまう!


落とし穴だ!!

アリア
「………え?」
メルル
「きゃ!?」
セバスチャン
「ニャー!?」
かに
(諦めの境地)



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



第4階層 桜ノ立橋 17F

かに
(頭をコブシで挟んでグリグリグリ)
アリア
「痛い痛い痛いですーっ!(涙目)」
かに
「お前は人の言うことを聞いとんのか!? 好奇心最優先の行動をどーにかせいと言ったばかりだろうが!(怒)」
アリア
「反省してますごめんなさーいっ!(泣)」
セバスチャン
「まあまあ旦那さん、間違いは誰にでもあるもんだニャ~」
メルル
「そうですわご主人様。あまりアリア様を責めないで下さいませ」
アリア
「セバスチャン~、メルル~(うるうる)」
かに
「ええい、シオンといいお前らといい、そーやって甘やかすから、いつまで経ってもアリア嬢に集中力が付かんのだ!」
セバスチャン
「誰だって始めはそんなもんだニャ。そもそも旦那さんだって、人のこと言えないニャ?(にやり)」
かに
「あ? バカを言え。我輩はこんな不注意なことはせんぞ」
セバスチャン
「そうかニャ? じゃあ、雷光虫を追いかけて、そのままモガの森の崖から転げ落ちたのは誰だったかニャ~?(にやにや)」
かに
「ぐっ! そ、それはだなぁ……」
アリア
「モガの森の崖って、飛竜の卵があるっていう、あの崖?」
セバスチャン
「そうだニャ。推定高度は100m位かニャ~」
メルル
「そう言えば、イビルジョーさんがどうやってブレスを吐いているのか気になって、口の中を覗き込んだ時もありましたわね?」
かに
「こ、こら、メルルまで!(汗)」
アリア
「……まさか、生きてる内に?」
メルル
「ええ。それでイビルジョーさんが激昂されまして、思いっきりブレスの直撃を浴びたのですけど(困ったような笑顔)」
アリア
「……かにさん(ジト目)」
かに
「分かった分かった! 我輩が悪かったよーだ!」
アリア
「(ひそひそ)……セバスチャン、メルル、ありがと♪」
メルル
「(ひそひそ)……どういたしまして、ですわ♪」
セバスチャン
「ニャッハッハ。さ、探索を再開するかニャ。メルル、近くにFOEは居るかニャ?」
メルル
「(地図眺め)……近くには居ないようですわ」
かに
「なんだ居ないのか。落とし穴なんぞ大掛かりな仕掛けを作った割りに、随分と詰めが甘いな」
セバスチャン
「そーだニャ。ワシだったらここにFOEを配置して、確実に侵入者を消しに掛かるニャ」
アリア
「怖いこと言わないでよ。居ないなら居ない方がいいじゃない」
メルル
「アリア様の言うとおりですわ」
かに
「ま、そうなんだがな」
アリア
「じゃあ行きましょう! 取り合えず前進~♪」
かに
「やれやれ……(ぎょっ)……ま、待てアリア嬢っ!」
アリア
「へ?」

幻惑の飛南瓜が現れた!

アリア
「……え? ええぇぇぇぇ!? FOE!? 近くには居ないんじゃなかったのー!?」
メルル
「地図には映っておりませんわ!」
セバスチャン
「名前と見た目、地図に映らない所から見て、これは第2階層に居たカボチャ型FOEと同じタイプっぽいニャ」
アリア
「……そう言えば居たね。地図に映らないFOE(ぽんっ)」
かに
「言ってる場合か! やっぱりお前はもっと注意力を磨けっ!(ごすっと頭に拳骨)」
アリア
「ふわーい(泣)」
セバスチャン
「で、どーするかニャ? もし前のカボチャ型FOEと同じなら、物理攻撃は無効なはずだニャ」
かに
「……セバスチャン。今装備してる武器は属性付きか?」
セバスチャン
「うんニャ。バリバリの無属性だニャ」
かに
「……アリア嬢?」
アリア
「えーっと、無属性です。かにさんは?」
かに
「……無属性だ」
アリア
「メ、メルル、オイル(属性付与のアイテム)は?」
メルル
「す、すみません、ストックを切らしていまして……」
セバスチャン
「……これは、詰んだニャ」
かに
「と、取り合えず一回戦ってみよう。物理攻撃が無効と決まったわけでは無いからな!(汗)」
アリア
「了解です! じゃあ……デスバウンドー!」

幻惑の飛南瓜のダメージ。

アリア
「……あ、あははは。ダメでしたー(汗)」
かに
「こ、こうなったら三十六計逃げるに如かず! 全力逃そ……」

幻惑の飛南瓜洗脳音頭を使った。

かに
「(足封じられ)……あ。こ、これでは戦略的撤退ができん!」
セバスチャン
「メ、メルル、バインドリカバリ(封じ解除)だニャ!」
メルル
「わ、分かりましたわ! 今、薬の調合を……」

幻惑の飛南瓜洗脳音頭を使った。

メルル
「(頭封じられ)……あ、あら? どうやって調合するのでしたからしら?」
アリア
「うわー! どどどどーしよー!?(パニック)」
かに
「ええい落ち着け! セバスチャン、我輩にテリアカα(封じ解除)を使え!」
セバスチャン
「わ、分かったニャ!」

幻惑の飛南瓜キャンドルペインを使った。


かにアリアセバスチャンメルル
「熱熱熱ーーー!?」




☆    ☆    ☆    ☆    ☆



鋼の棘魚亭

アリア
「(黒焦げ)……生きてるって素晴らしいです~(感涙)」
セバスチャン
「(同じく)……そうだニャ~」
メルル
「(同じく)……何とか逃げ切れて良かったですわ~」
かに
「(同じく)……という訳で、17階、18階を探索するには、新カボチャFOE対策が必須だ」
シオン
「そうですか……(考え中)」
ヘクター
「恐らく、全ての落とし穴の下に配置されているのだろうな」
かに
「そう考えたほうがいいだろう。……何匹居るか知らんが、相当な数だろうなぁ」
セバスチャン
「完全にこっちを殺る気だニャ。殺意がバリバリに伝わってくる仕掛けだニャ」
ソフィア
「カボチャ型FOEなら、取りあえず属性攻撃が無いと始まらないわねぇ」
キャット
「となれば私たちの出番よね、ヘクター?」
ヘクター
「……いや、そう簡単にはいかないだろう」
ヴィクトール
「ありゃ、そりゃまた何で?」
ヘクター
「奴の操る『洗脳音頭』が問題だ。全体全箇所封じのこの技を乱発されると、ダメージを与えることもままなるまい」
キャット
「そ、そうね。私は腕を封じられたら、属性攻撃できなくなるし」
メルル
「私のバインドリカバリも、頭を封じられると使えません……」
かに
「うーむ。なんとか封じを回避しつつ属性攻撃をせにゃならん、と。……これは時間が掛かりそうだな(げんなり)」
シオン
「……一つ、策があります」
アリア
「さっすが先生です♪ それで、どんな作戦なんですか?」
シオン
「まずメンバーは、セバスチャン殿、ヘクター、ヴィクトール、そして私です」
セバスチャン
「ワシかニャ? でもワシ、属性攻撃はできないニャ?」
ヴィクトール
「オレの序曲を使うのかな?」
シオン
「いえ。攻撃担当はヘクターのみ。2人には別の役割があります」
ソフィア
「でも、攻撃役が一人だと時間が掛かりそうねぇ。一日一殺の作戦ってことかしら?」
シオン
「いえ。上手く作戦が嵌れば、一日で17階中の幻惑の飛南瓜を掃討できるはずです」
かに
「な、なにぃ!?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



第4階層 桜ノ立橋 17F


幻惑の飛南瓜が現れた!

シオン
「出ました! それでは各自、作戦通りに行動して下さい!」
ヴィクトール
「はいは~い。じゃあヘクター、頑張ってね~♪(猛き戦いの舞曲で攻撃力30%アップ)」
ヘクター
「よし。……術式展開……出力制限解除……」

幻惑の飛南瓜洗脳音頭を使った。

ヘクター
「(頭封じられ)……くっ、これでは術式が……」
シオン
「セバスチャン殿っ!」
セバスチャン
「待ってましただニャ! ホイだニャ~(ヘクターにテリアカα)」
ヘクター
「(頭封じ解除)有難い! これで術式を続行できる!」
ヴィクトール
「なるほど~。予めセバスちゃんがヘクターにテリアカαを使っておけば、頭が封じられても大丈夫って寸法だね?」
シオン
「ええ。セバスチャン殿の行動順番が幻惑の飛南瓜の後、ヘクターの前だからこそ可能な作戦です。後は……」
ヘクター
「疾き風よ、光と共に解放されよっ!」

キュゴッッッ(大爆光)


幻惑の飛南瓜1600のダメージ。

幻惑の飛南瓜を撃破した!

ヴィクトール
「うわ! FOEをまさかの一撃KO!?」
ヘクター
「2人の援護のお陰だ。猛戦歌による威力の向上、テリアカαの使用タイミングあっての勝利だろう」
セバスチャン
「ニャフフフ、任せろだニャ」
ヴィクトール
「ふふふ、それ程でもあるけどね~♪」
ヘクター
「しかし、何と言っても殊勲者は作戦立案者のシオンだろうな」
シオン
「いえいえ、3人の行動が完全にかみ合った成果ですよ」
ヴィクトール
「でも、これでカボチャがどんな行動をしてきても確殺できるんでしょ?」
シオン
「はい。洗脳音頭で誰がどの部位を封じられても問題ありません。さらに、最初のターンにキャンドルペインを使われても……」
ヘクター
「俺は炎の守りx3を装備しているから問題無い。確実に核熱の術式を発動可能という訳か」
シオン
「あと注意すべきは、FOEに挟み撃ちされた時と、万が一の不意打ちですが……」
ヴィクトール
「挟み撃ちは、オレの『全てへの子守り歌』で対処可能、と」
シオン
「ええ。不意打ちも、私の『危険感知』で防ぐことができます」
セバスチャン
「おお、シオンがパーティに組み込まれてるのは、そういう役割だったんだニャ」
シオン
「あとは『警戒歩行』役ですね。これで17階、18階を隈なく探索し、全ての幻惑の飛南瓜を掃討します」
ヴィクトール
「うーん、一部の無駄も無い、完璧な作戦だね~♪」
ヘクター
「(アムリタ使用)唯一の問題は、核熱の術式の燃費の悪さか」
シオン
「そればかりは何とも……(苦笑)。幻惑の飛南瓜の素材売却で補てんできることを祈りましょう」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



~1日後~

第4階層 桜ノ立橋 17F

かに
「まさか、本当に一日で幻惑の飛南瓜をせん滅するとはな(呆)」
キャット
「最強のツッコミ兵器は、実戦でも役に立つってことね」
ヘクター
「いや、それは逆だぞ。核熱の術式は最強の術式であり、それをツッコミに応用……いや、それも違うな……」
アリア
「でも、お陰で17階がとっても歩き易くなりました♪」
かに
「うむ。では、今日こそ正しい経路を見付けて、18階の踏破を目指すぞ!」
アリア
「おーっ♪」

……目の前に、
蹴りやすそうな小石がある。

アリア
「……(うず)」

蹴りますか?

YES or NO

アリア
「……(うずうず)」

蹴りますか?

YES or NO

アリア
「……えいっ♪(蹴り)」

派手に飛んだ小石
木に当たり跳ね返って来た

アリア
「……あ」

ごすっ(かにの後頭部にナイスヒット)


かにのHP
10減少した!

かに
「……(後頭部押さえ)」
アリア
「……(汗)」
かに
(すぅっと息を吸い込み)
アリア
(耳を押さえて防御態勢)
かに
「アリア嬢ーーーっ!!!(怒)」
アリア
「ごめんなさーーーいっ!!!」




キャット



「……アリアにとって、最大の敵はFOEじゃないみたいね」
ヘクター
「好奇心は猫をも殺す、というからな。実際に被害に合うのはリーダーのようだが」



[感想・コメントはこちら]
[前へ] [メニュー] [次へ]






ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ







FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。