最新記事

過去記事

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント

注目記事

■MH3 ガンナー アルバソロ討伐記
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8

■MH3動画を撮る方法
 1 / 2

■MH3 封龍銃シリーズ
 封龍銃シリーズ

■MH3 ヘルメットガンナー防具
 ヘルメットガンナーお勧め防具

■MH3 タイムアタック
 タイムアタック

■MHP2G 決戦 最後の招待状(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 極限 / 伝説

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(上位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / おまけ1 / おまけ2 / おまけ3

■MHP2G モンスターハンターに挑め!(下位装備限定)
 極限1 / 極限2 / 極限3

■MHP3体験版 ロアルドロス0分針討伐
 1 / 2 / 3 / 4 / 5

■MHP3 メイン武器ランキング投票
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 終焉を喰らう者に挑め!(下位装備限定)
 1 / 2 / 3 / 4

■MHP3 ガンランス イビルジョー5分針討伐!
 1 / 2 / 3 / 4

MH4 シャガルマガラ攻略

スポンサードリンク



分からない事は即検索!

Google

前のページ /  次のページ  --/--/--

スポンサーサイト

⇒ TOPスポンサー広告>アリアの冒険 その5


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ



前のページ /  次のページ  2015/06/24

アリアの冒険 その5

⇒ TOPMH4G 狩猟日記>アリアの冒険 その5



■遺跡平原



アリア
「えーっと、こうやってコレ入れて……こう?」
シオン
「あ、それは違……」


ぼふん……(もえないゴミを手に入れた)


アリア
「あー!? また失敗~~~!」
シオン
「だから何度も言ってるでしょう。回復薬を調合するには、薬草とアオキノコを2:3の割合でですね……」
アリア
「そのナンタイナニっていうのがそもそも分かりません~(泣)」
シオン
「泣き言を言ってる暇はありませんよ。このクエストの目的は、回復薬グレートの調合なのですからね」
アリア
「ううう……。薬草とアオキノコを採って来ま~す……(とぼとぼ)」
シオン
(……遺跡平原中の薬草とアオキノコを採り尽くす前に終わればいいのですが……)



☆    ☆    ☆    ☆    ☆




■バルバレ



我らの団団長
「……それで、一日かけた挙句、調合に成功した回復薬グレートは1つだけ、と(呆)」
アリア
「……済みませーん」
我らの団団長
「まあいい、一応クエストは達成だからな。今日は疲れたろう、部屋でゆっくり休め」
アリア
「は~い」
我らの団団長
「……おっと、忘れるところだった。お前たちが遺跡平原を駆け回っている間に、オトモアイルーを手配しておいたぞ」
アリア
「……へ?」
我らの団団長
「少し前まで、我らの団に所属していたハンターの紹介でな。何でも筆頭オトモと呼ばれるほどの実力を……」
アリア
「(ぐわっ)どこです!? どこに居るんですか!?」
我らの団団長
「あ、ああ、今はお前の部屋に……」
アリア
「メルルーーー!!!」


ダダダダダッ


我らの団団長
「……な、何だと言うのだ……?(茫然)」
シオン
「詳しくは後程。アリア、待ちなさい!」


タタタタタッ





☆    ☆    ☆    ☆    ☆



アリア
「(爆走中)メルル! メルル! メルル~~~っ♪♪♪」
シオン
「(追いついた)アリア、落ち着きなさい! まだメルルと決まった訳ではありませんよ!」
アリア
「ううん、きっとメルルです! だって私がハンターになったら、オトモになってくれるって言ってましたもん!」
シオン
「それはそうですが、今は世界が違う……」
アリア
「メーーールーーールーーー!!!」


バターーーンッ



セバスチャン立ち絵


アリア
「……」
セバスチャン
「ニャフフフフ。1匹でいるのが寂しくて、泣きながら遺跡平原を走り回っていたのは仮の姿ニャ! そう、ワシの名は……」
アリア
「……」


……パタン


……ドダダダダ……バタンッ


セバスチャン
「人の話は最後まで聞くニャ!」
アリア
「なんでー!? なんでセバスチャンなのー!?」
セバスチャン
「な、なんでとは何だニャ!? 筆頭オトモのワシじゃ不服だとでも言うのかニャ!?」
アリア
「イヤー! メルルがいいのー! かにさんのお古はイヤなのーーーっ!!!(ジタバタジタバタ)」
セバスチャン
「いきなり人をお古扱いかニャ!? ここはワシがオトモになってくれる栄誉に喜び震えるところだニャ!」
アリア
「それでもメルルがいーーーのーーーっ!!!(駄々っ子)」
セバスチャン
「ぬうう、何て我がままな娘っこだニャ……(呆)」
シオン
「済みません、セバスチャン殿。あとできつく言って聞かせますので……」
セバスチャン
「お、アンタは話が分かりそうだニャ。名前は何ていうのかニャ?」

シオンアリア
「…………は?」

セバスチャン
「は? じゃないニャ。初めて会ったら、まずは自己紹介だニャ? あ、ワシはセバスチャンだニャ。宜しくだニャ(シパッ)」

シオンアリア
「……」

セバスチャン
「でもアンタら、ワシの名前を知ってたニャ? やっぱアレかニャ? ワシって有名人かニャ? いやー、照れるニャ~」
アリア
「え、えっと……セバスチャン、だよね?」
セバスチャン
「だからそう言ってるニャ」
アリア
「わ、私だよ!? アリアだよ!? まさか忘れちゃったの!?」
セバスチャン
「アリア嬢ちゃんかニャ? 忘れたというか、ワシら初対面だニャ?」
アリア
「…………えぇぇぇぇぇぇぇぇ!?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆




■マイハウス



シオン
「……では、我々のことは本当に知らないのですね?」
セバスチャン
「だからさっきからそう言ってるニャ」
アリア
「じゃあ、かにさんは!? メルルは!?」
セバスチャン
「どっちも聞いたこと無い名前だニャ~。……でも待てだニャ」
アリア
「なに!? 思い出したとか!?」
セバスチャン
「メルルって名前はワシ好みの名前だニャ。きっと清楚でお淑やかで美人さんの名前に違いないニャ~」
アリア
(ぐわっとハンマー振りかぶり)
セバスチャン
「ぼぼぼ暴力反対だニャ! というかなんでそんなに怒ってるのかワシにはサッパリだニャ!」
アリア
「(渋々ハンマー下ろし)……先生、やっぱり……」
シオン
「ええ。……このセバスチャン殿は、パラレルワールドの、つまり元々この世界の住人、ということですね」
アリア
「ううう……。せっかく合流できたと思ったのに~。例えそれがセバスチャンでも~(がっくり)」
セバスチャン
「……なんかワシ、勝手にがっかりされつつ、勝手に貶されてる気がするニャ?」
シオン
「大変申し訳ありません。込み入った事情がありまして……」
アリア
「……ひょっとして、かにさんもメルルもセバスチャンも、こっちの世界に来てないんでしょうか?」
シオン
「……その可能性が出てきた、というのが正直なところですね」
アリア
「……そっかー(しょんぼり)」
セバスチャン
「……なんだかワシ、悪いことしたかニャ?」
アリア
「あ、ううん、セバスチャンは何も悪くないよ。ただ、ね……」




ソフィア




「アーリアちゃーん。今、ヒマしてるぅ?」




アリア




「あ、ソフィアさん。ヒマと言えばヒマですけど?」
ソフィア
「それなら、ちょっとこのクエストやってみない?」
アリア
「クエスト入ったんですか!? 勿論やります! やらせて下さい!」
シオン
「アリア、落ち着きなさい。それで、どのようなクエストなのですか?」
ソフィア
「遺跡平原にジャギィの群れが巣を作っちゃったみたいなのよ。で、通行できなくて家に帰れないから何とかして、ですってぇ」
アリア
「た、大変じゃないですか! 今すぐ行かないと!」
シオン
「だから落ち着きなさい。……まだ直接の被害は報告されていないのですね?」
ソフィア
「ええ。だからそんなに急ぎじゃないわ。ただ、このまま居すわられると、ちょーっと困るわねぇ」
シオン
「……群れの正確な数と、巣の位置の特定が必要ですね。アリア、遺跡平原の地図を持って……(振り返り)……アリア?」
ソフィア
「アリアちゃんなら、猛ダッシュで走ってったわよぉ♪」
シオン
「……何故その時に止めなかったんですか」
ソフィア
「シオン君の困った顔が見たかったから♪」
シオン
「……」
ソフィア
「うふふふふ♪ ……それにしても、さっきまで居た変な生き物の姿も見えないわねぇ?」
シオン
「……おや?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆




■遺跡平原



アリア
「人々の生活の平和を脅かす悪いモンスターは私が許しません! さあ、大人しく出てきなさい!」


しーん……


アリア
「こらー! ジャギィー! 出てきなさーい!」
セバスチャン
「……モンスターがそんなんで出てくる訳ないニャ~(呆)」
アリア
「あれ? セバスチャン、なんでここに?」
セバスチャン
「ワシはオトモだニャ。そしてオトモは、ハンターが狩りに行く時は必ずオトモするんだニャ!」
アリア
「……私、まだセバスチャンをオトモにした覚えが無いんだけど」
セバスチャン
「そんなのは些細な問題だニャ」
アリア
「そ、そうかな?」
セバスチャン
「そうだニャ。それより今すべきことは既成事じ……じゃなくて、ジャギィ退治だニャ?」
アリア
「う、うん、そうだね!」
セバスチャン
「……ちょろいもんだニャ(ぼそ)」
アリア
「……何か言った?」
セバスチャン
「何にも、これっぽちも言って無いニャ」
アリア
「そう? じゃあ早速! …………どうしよう?(困)」
セバスチャン
「……ホントにペーペーなんだニャ~(呆)」
アリア
「し、仕方ないでしょ! この前ハンターになったばっかりなんだから!(赤面)」
セバスチャン
「分かった分かったニャ。それで、ジャギィのことは知ってるかニャ?」
アリア
「それ位知ってるもん! 小さめの肉食モンスターで、あんまり強くないんだよね?」
セバスチャン
「(首ふり)……これだから新米はだニャ」
アリア
「え? 違うの?」
セバスチャン
「いいかニャ? 確かにジャギィは小型のモンスターだニャ。しかしそれでも、人間やアイルーに比べれば十分強いニャ」
アリア
「……う」
セバスチャン
「その上、ヤツらの真骨頂は集団での狩りだニャ。群れに囲まれでもしたら、ベテランハンターでも危険な程だニャ」
アリア
「……うう」
セバスチャン
「分かるかニャ? 間違っても新米ペーペーのアリア嬢ちゃんが油断できるような相手じゃないんだニャ~」
アリア
「……ごめんなさい、油断してました」
セバスチャン
「分かれば宜しいだニャ。さ、じゃあヤツらの巣を見つけに行くかニャ」
アリア
「巣? 巣があるの?」
セバスチャン
「勿論だニャ。ヤツらは岩山や洞窟に巣を作ることが多いニャ。ここだと……あの山の中腹あたりが怪しいニャ~」
アリア
「……ひょっとして、セバスチャンって結構凄い?」
セバスチャン
「ニャフフフフ。筆頭オトモの名は伊達じゃないニャ。さあ、ワシに付いてこいだニャ!」
アリア
「うんっ♪」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆




■遺跡平原 山の中腹





ギャッギャッギャッ


アリア
「(ひそひそ)……凄い、ホントに居た!」
セバスチャン
「(ひそひそ)……ドスジャギィは居ないみたいだニャ」
アリア
「ドスジャギィって、おっきいジャギィ?」
セバスチャン
「ただ大きいだけじゃ無いニャ。ドスジャギィは群れのボスで、強さはジャギィの比じゃ無いニャ」
アリア
「ふーん。でもこの群れには居ないんだよね?」
セバスチャン
「間違いないニャ。これなら群れを丸ごと討伐できそうだニャ」
アリア
「……討伐は、しないよ」
セバスチャン
「……今、何て言ったニャ?」
アリア
「……討伐はしない。ここから追い払う」
セバスチャン
「……何でだニャ? 追い払っても、また戻ってくるかもしれんニャ。だったら、ここで討伐した方がいいに決まってるニャ」
アリア
「だってまだ……ジャギィたちは人を襲ってないもん」
セバスチャン
「ここで見逃せば、いずれは人を襲うかもしれんニャ」
アリア
「それでも、今は襲ってない。だったら、今は討伐しない。しちゃいけない。……私は、そういうハンターになりたいの」
セバスチャン
「……アリア嬢ちゃんは、どことなく旦那さんに似てるニャ~(ぼそ)」
アリア
「え?」
セバスチャン
「何でもないニャ。……ワシはオトモだニャ。ハンターであるアリア嬢ちゃんがそう思うなら、ワシに否は無いニャ!」
アリア
「うん! ……じゃあ、行くよ!」
セバスチャン
「応だニャ!」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆





ギィーーーッ ギィーーーッ


アリア
「来た! よーし、こっちも突げ……」
セバスチャン
「落ち着くニャ! ジャギィの群れを相手にする時の鉄則は、奴らに囲まれないことだニャ!」
アリア
「そ、そうなの?」
セバスチャン
「そうなのニャ! という訳で背中はワシに任せるニャ! アリア嬢ちゃんは前に集中するニャ!」
アリア
「うん! さあ来い! 私が相手です!」


ピョンピョンピョン

ピョンピョンピョン


アリア
「(きょろきょろ)わ? う? ……ダメダメ! 後ろはセバスチャンに任せて、私は前に集中……」


……ゲシッ(背後からジャギィタックル)


アリア
「おふ!? な、なんで後ろから……(振り返り)」
セバスチャン
「(ゴロ寝中)……ゴォォォォ……ガニャァァァァ……」
アリア
「……」
セバスチャン
「……ニャフフフフ、もう食べられないニャ~……(Zzz)」
アリア
(ゆっくりハンマー振りかぶり)
セバスチャン
「……ニャ!? 殺気…………ニャァァァァァ!?(ハリウッドダイブ)」


チュドォォォォォンッ(タメ3スタンプ)


セバスチャン
「(ギリギリ回避)い、い、い、いきなり何するニャ!?」
アリア
「(ハンマー突きつけ)…………なんで、寝てるの?」
セバスチャン
「(両手上げ)えー、実はワシらオトモは、なつき度が低いとサボる習性があってだニャ?」
アリア
「ふーん、そうなんだぁ。じゃあ……躾が必要だね?(ハンマー振りかぶり)」
セバスチャン
「(総毛立ち)おおお落ち着くニャ! ほ、ほら、ジャギィがワシらを狙ってるニャ!」


ギィーーーッ ギィーーーッ


アリア
(ぎろり)


キャインキャインッ(脱兎)


セバスチャン
「ああこら、逃げちゃダメだニャ!」
アリア
「さ、お仕事完了♪ という訳でゆっくり折檻……じゃなくて、お話ししよっか?(にっこり)」
セバスチャン
「ニャァァァァ! プリーズヘルプミーだニャァァァァ!」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
   にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンター4へ    MH3G・攻略ブログ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

お久しぶりです 昔の自分が恥ずかしいので名前を変えてコメントを書こうかと思いましたが中身は一緒なので止めました。

いろいろ話が進んでいるようですので時々遡って読ませていただきます

つぶやきの方はチェックさせてもらっているのですが、こちらはノーチェックでした∑(゚Д゚)

いつの間にか2話もあった♫
嬉しい〜(^∇^)

また楽しみが増えました〜(*^^*)

セバスチャンはパラレルワールドじゃ
ないのかな?


怒りのアリア嬢(´д`|||)
ジャギィの群れを睨みで黙らせるとは


セバスチャンは次回、登場するのかな?

謎報告

ジャジャーン3DSLLを入手(newでは無い)しましたという衝撃の真実ウ

はい、すいません。ジュダルさんの真月ネタに乗っかってやりました。反省しています。
そして更新されていた事に今気づくという衝撃のs(ハンマー
いやはや、面白くなってきましたね、
アリアさんの成長や多分セバスチャン残酷物語・・・
シオンの過労死はいつだ!?(狙撃
それにセバスチャンの元旦那とは?
・・ってこの言い方だとセバスチャン昼ドラのキャラに見えてくるw

余談ですが、かにさんは「うしおととら」はご存じですか?
もうすぐアニメが放送されますよ。俺は凄く楽しみです!

お久しぶりです!

良かれと思ってただいま参上!真月零と申します!
…つってもジュダルなんですけどね、名前変えようかなと悩む今日この頃。

話は450度回転して、かにさん、お久しぶりです!
いつのまにか『アリアの奇妙な冒険〜スターダストハンマーズ〜』が
更新されてたのを見過ごしていたとは…
それにしてもアリアさん、ジャギィを殺気だけで退けるとは…
そのうち殺気だけでレウスとかまで逃げていくんじゃなかろうか…
おー怖い怖い…さすがは怪力少女ですねっ!…あれ?後ろから殺気が…
ちょっと待って腰抜けて動k(ry
……その夜、大きなたんこぶが出来たジュダル氏が見つかったという…
追記 シンゲツネタシッテルヒトガイタ! ヤター!

気候も段々と憂鬱な暑さになってきた今日この頃

いかがお過ごしでしょうか?
耐暑スキル-10がデフォで発動してる藍です

前回のコメントの早さですけど、平日休みで、かにさんのTwitterから通知が届き、そのまますぐに観たからですww

セバスチャン、いい歳して寂しくて泣きながら駆け回るのはアウトですよww

かにさんのも、体調に気をつけて、お過ごしください

暑くなりましたね〜

エアコンの壊れたマイカーで、汗だく通勤しているアレスタです。
ま、24年程経った車なので仕方ないですが。

まさかのセバスチャン来たー。
しかも初対面!
今後の2人のコンビが楽しみです。
て、事は…。
筆頭ハンターか師匠がかにさんかも?

では、家族と自分の体調優先で更新して下さいね。

ああ、シオン真面目だなあ。

巣の特定とか考えたことないや☆
ゲームだと一定の数倒せばいいだけですもんねぇ
ああ、しかし調合は確かにゲームだと一瞬ですけど現実だとそうなりますよねぇ。しかしセバスチャンの言葉が気になりますな。
旦那さんに似ている?そうなるとシオンとアリア的な人もいるのかな?
異世界でもウラガンキン好きかな?www
そういえば今世界樹と不思議のダンジョンを買おうか悩んでいます。カニさんは買いましたか?

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/558-29285c8f


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。