FC2ブログ

前のページ /  次のページ  2018/04/05

FEH日記 2日目:初めての英雄召喚!

⇒ TOPFEH日記>FEH日記 2日目:初めての英雄召喚!



■アスク王国



アンナ
「(きょろきょろ)……おかしいわねぇ。どこに行ったのかしら?」
アルフォンス
「アンナ隊長、何かをお探しですか?」
アンナ
「アルフォンス、丁度いいところに来てくれたわね。かにを見なかった?」
アルフォンス
「さっき、シャロンと一緒に中庭に居るのを見ましたが、彼に何か?」
アンナ
「ありがと♪ 彼と、英雄の召喚について話をしておこうと思ってね」
アルフォンス
「そうですか。丁度、ブレイザブリクを使って英雄を召喚しようとしてまし……」

バヒュンッ

アンナ
「(猛ダッシュ)かにーーー!!! ストーーーーーーップ!!!」
アルフォンス
「(きょとん)……アンナ隊長?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



かに(バアトル)
「さーて。ここに取り出したるは神器ブレイザブリク!(クルクルクルクル~)」
シャロン
「おー!」
かに(バアトル)
「(スチャッ)コイツの引き金を撃ち放つと……そりゃ!」

パァァァァァ……ドサドサッ

レイ
「(落下)痛え!」
マシュー
「(下敷き)むぎゅう……」


かに(バアトル)


「とまあこのように、英雄が召喚されるっつー寸法よ!」
シャロン
「凄いです! 格好いいです! さすがは伝説の大英雄様っ♪(拍手喝采)」
かに(バアトル)
「だっはっは! もっと褒め称えてくれて構わんよ!」
レイ
「つーか、もっと丁寧に召喚しろよ!(大抗議1)」
マシュー
「そうだぜ! ウチの若さまより乱暴だぜこれじゃあ!(大抗議2)」
かに(バアトル)
「へいへい、悪かったな」
シャロン
「えーっと……(英雄図鑑めくり)……封印の異界のレイ君と、烈火の異界のマシューさんですね。2人とも宜しくです♪」
レイ
「……おう」
マシュー
「ははは、宜しく~」
かに(バアトル)
「ふむ、大分召喚のコツが掴めてきたな」
シャロン
「じゃあ、もっとバシバシ英雄を召喚しちゃいましょう!(ワクワク)」
かに(バアトル)
「おっしゃ! では掟破りの召喚20連発といってみるか!」
シャロン
「ひゅーひゅー♪」

タタタタッ

アンナ
「その召喚……」

ダンッ

アンナ
「ちょっと待ったーーーッ!!!(ドロップキック)」

ドガァッ

かに(バアトル)
「ぐはぁぁぁ!(吹っ飛び)」
シャロン
「かにさん!?」
アルフォンス
「(追いついた)ア、アンナ隊長!?」
アンナ
「(スチャっと着地)……ああなんてこと! もう2人も召喚してるなんて! しかも【レアリティ】☆2!」
かに(バアトル)
「(ガバッ)な、なにすんじゃゴラァ!」
アンナ
「(胸倉つかみ)……いいことかに、よく聞きなさい」
かに(バアトル)
「んなことより今のドロップキックの説明を……」
アンナ
「いいから聞きなさい(ギロリ)」
かに(バアトル)
「……はい」
アンナ
「まず最初に言っておくわ。ブレイザブリクで英雄を召喚するのは……タダじゃないの」
かに(バアトル)
「…………はあ? 英雄を召喚するのに金が掛かるってのか?」
アンナ
「お金じゃないわ。必要なのは【オーブ】よ」
かに(バアトル)
「【オーブ】?」
アンナ
「そう。神器ブレイザブリクは、【オーブ】に秘められたエネルギーで英雄を召喚するの。一度の召喚に、【オーブ】を3~5つ消費すると伝承では伝えられているわ」
かに(バアトル)
「……随分と具体的な伝承だな」
アルフォンス
「その【オーブ】とは、どうやったら手に入るんですか?」
アンナ
「契約に縛られた英雄を解放すれば入手できるはずよ。1回の戦闘で1つ、まれに3つの【オーブ】の入手が見込めるわ」
かに(バアトル)
「……それも伝承か?」
シャロン
「さすがは我らが国に伝わる伝承! 親切ですね!」
アルフォンス
「……つまり、エンブラ帝国に支配された英雄を解放すれば【オーブ】が手に入り……」
シャロン
「その【オーブ】を使って、かにさんが英雄を召喚すれば……」
かに(バアトル)
「敵の戦力を減らすと共に、自軍を強化できるって寸法だな」
シャロン
「おお、一石二鳥とはこのことですねっ♪」
アンナ
「……そう上手くは話が進まないのよ」
かに(バアトル)
「あん? 何故だ?」
アンナ
「今の一石二鳥の好循環を回すためには、まず最初の戦闘でエンブラ帝国に勝つための戦力が求められるわ」
アルフォンス
「……確かに」
かに(バアトル)
「だから、このブレイザブリクで英雄をサクっと召喚すれば……いや待て。今、ここに【オーブ】は幾つあるんだ?」
アンナ
「ようやく察したわね。かに、ブレイザブリクを開いてみてちょうだい」
かに(バアトル)
「? ここか?」

パカッ ザラザラザラ~

シャロン
「わ、綺麗♪」
アルフォンス
「これが【オーブ】……」
かに(バアトル)
「ひーのふーの……全部で15個か」
アンナ
「この15個が、機関の持つ【オーブ】の全てよ」
アンナ
「ちなみに、【オーブ】は連続で使用すればするほどお得になって、最大5連続で5・4・4・4・3の計20個で5人の英雄が召喚できるわ」
アンナ
「あと、新たなガチャによる召喚は最初だけ【オーブ】がサービスされるから、それも合わせれば最大10人の英雄が召喚できるはず!」
かに(バアトル)
「……英雄の召喚にサービスとかあるんかい(呆)」
アルフォンス
「つまり、今の特務機関の戦力に、最大10人の英雄の力を借りて、エンブラ帝国との初戦に勝つ必要があるんですね」
アンナ
「その通りよ。つまり……(召喚された2人見て)……こんな弱い英雄を召喚している余裕はウチには無いのよ!」
レイ
「な、なんだと!? オレのどこが弱いってんだ!」
アンナ
「その燦然と輝く【レアリティ】☆2が何よりの証拠よ!」
レイ
「くっ……何も言い返せねぇ(がっくり)」
マシュー
「まー、そう言われてもしゃーないかなー」
かに(バアトル)
「……【レアリティ】?」
シャロン
「【レアリティ】は、英雄の強さの目安って感じですね。☆の数で表されて、☆1~☆5まであるんですよ」
かに(バアトル)
「ほほう。……あれ? ひょっとすると吾輩にも付いてるのか? その【レアリティ】ってのは」
シャロン
「もちろん付いてますよ。かにさんの【レアリティ】は☆4です。もうちょっとで最高ランクですね♪」
かに(バアトル)
「なんじゃい、☆5じゃないのか(不満げ)」
アルフォンス
「かに、それは仕方ないよ。☆5クラスの英雄ともなると、全異界でも数えるほどしか居ないと言われているからね」
かに(バアトル)
「むう……。【レアリティ】ってのは一度決まっちまうと変えられないのか?」
シャロン
「いえいえ、そんなことないですよー。頑張れば【レアリティ】は上げられます。いわゆる【覚醒】ってヤツですね♪」
アルフォンス
「努力して【覚醒】し続ければ、誰にだって☆5になれるチャンスはあるんだよ」
かに(バアトル)
「成程な。吾輩も頑張って【覚醒】して、☆5を目指すとするか!」
シャロン
「そうそう、その意気です♪」
レイ
「オ、オレだって……いつかは☆5になってみせるさ!」
マシュー
「おー、頑張れよ少年。オレは☆3くらいでいいけどね♪」
アンナ
「(パンパン)はいはい、将来の話はそのへんにして。今、我々に求められているのは即戦力なのよ」
かに(バアトル)
「ま、確かに次の戦闘に勝たなきゃ、話が始まらない訳だしな」
アンナ
「そういうことよ。つまり……かにには、気合を入れて英雄を召喚して欲しいの」
レイ
「……気合で何とかなるもんなのか?」
シャロン
「さあ?」
アルフォンス
「伝承では、完全に召喚師の運によるみたいだね」
かに(バアトル)
「おお、運か! それならなんとでもなるぞ。なにせ吾輩は超激運が常時発動の男だからな!」
シャロン
「おお、さすがはかにさん! なんだかよく分かりませんがとにかく凄い自信です♪」
アンナ
「気合でも超激運でも何でもいいわ。とにかく、あなたが召喚する英雄にこの国の命運が掛ってるんだからね!」
かに(バアトル)
「大船に乗ったつもりでいるがよい! この地を☆5の英雄で埋め尽くしてくれるわ! ぬははははははは!」
レイ
「……こんなのに任せて大丈夫なのか?」
アルフォンス
「もはや匙は投げられたんだ。任せるしか選択肢がないんだよ……」
レイ
「……大変だな、あんたも」
マシュー
「真面目な人間ほど苦労するって図式は、どこの世界でも変わらないね~♪」
アルフォンス
(ため息)
かに(バアトル)
「では、レッツ召喚ターイムっ!(ブレイザブリク構え)」

パァァァァァ……

シャロン
「おお、この英雄は……っ! ということで次回に続く、ですっ♪」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

管理人レス

>アナクロさん
やあやあ、お待たせしました。しかしもう3年も前になるんですねw

かにさーん!

定期的にチェックした甲斐があった…!
MH4Gの自分のコメントが約3年前とかFEH面白いとか色々ありますが…

ブログ再開、とても嬉しいです!頑張ってください!

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/561-a755d615