FC2ブログ

前のページ /  次のページ  2018/04/11

FEH日記 7日目:遅れてきた軍師

⇒ TOPFEH日記>FEH日記 7日目:遅れてきた軍師



■アスク王国



アルフォンスアンナシャロン
カミラオグマ水着チキ
(ボロボロ)

かに(バアトル)
「(ピンピン)いやー、大勝かな大勝かな♪」
女マーク
「(ボロボロ)師匠の策がピタっとはまりましたねっ♪」
かに(バアトル)
「分かるか? 全軍前進から総員突撃、そこからのガンガン行こうぜへの大転換は、我ながら見事な策であった!」
女マーク
「見習わせて頂きます、師匠!」
かに(バアトル)
「うむ。我が采配を見て、大いに勉強するがよいぞ(満足げ)」




アルフォンス




「(ひそひそ)……皆、どう思う?」
オグマ
「(ひそひそ)……傭兵としてそれなりに長く戦場に居た俺の経験から言わせてもらうが……このままでは早晩、全滅するぞ」
水着チキ
「(ひそひそ)……オグマのおじちゃん、私でもそう思うよ」
シャロン
「(ひそひそ)……脳筋全開のパワープレイでしたからねぇ」
カミラ
「(ひそひそ)……本人だけ無傷なのが、さすがは召喚師様、といったところかしら」
アンナ
「(ひそひそ)……あれは単に、本人がむやみやたらに頑丈なだけでしょ」


かに(バアトル)


「……お前ら、なにを真剣な顔して話し込んでんだ?」
女マーク
「エンドラ帝国との初戦に勝ったんですよ? もっと喜びを前面に出しましょうっ♪」
アルフォンス
「(皆に背を押され)……ええっと、かに。少し相談したいことがあるんだけど」
かに(バアトル)
「ん、なんだ? お前も吾輩に弟子入りしたいのか?」
アルフォンス
「それは絶対に……あいや、そうじゃないんだ。かに、君の知り合いに軍師……軍略に明るい英雄は居ないかい?」
かに(バアトル)
「軍略に明るい? 吾輩並みにか?」
アルフォンス
「(顔引きつり)できれば、かに以上に明るい人がいいかな」
かに(バアトル)
「ふむ……。吾輩以上とはいかんが、吾輩並みのヤツなら1人、心当たりがあるぞ」
女マーク
「ずばり、私のお父さん……じゃないですよね。師匠、お父さんと会ったことないって言ってましたし」
かに(バアトル)
「うむ。吾輩と同じく、狩猟の異界の出身のヤツなのだが」
アルフォンス
「それだ! その英雄を召喚することはできないか!?(必死)」
かに(バアトル)
「むう? 狙ったヤツを召喚するってことはできるもんなのか?」
アルフォンス
「それは同じ異界出身と言うことで何とかしてくれ!」
かに(バアトル)
「なにをそんなに必死なんだか……。まあいい、今回の戦いでオーブも手に入ったことだし、試しに召喚してみようではないか」
アルフォンス
「是非とも頼むよ!」
アンナ
「お願いだから召喚されてちょうだいっ!(祈り)」
オグマ
「俺も主義を変えて神に祈りたい気分だな……」
カミラ
「ここで軍師の人が召喚されないと、私たち全滅だものねぇ」
水着チキ
「私も、もう少し夏を満喫したいから、神竜ナーガに祈っとこうっと」
かに(バアトル)
「(ブレイザブリク取り出し)では……あらよっと」

パァァァァァ……


シオン(ジョルジュ)立ち絵


シオン(ジョルジュ)
「……ここは一体……?」
アンナ
「成功……したの?」
シャロン
「(英雄図鑑調べ)……うーん。見た目は紋章の異界出身で、大陸一の弓使いと謳われたジョルジュさんですけど」
水着チキ
「うん、そうだね」
オグマ
「失敗……か?」
かに(バアトル)
「あーっとだな……お前、シオンか?」
シオン(ジョルジュ)
「おや、先輩じゃないですか。随分と長い間姿が見えませんでしたが、どこに行っていたのです? アリアたちが心配していましたよ?」
かに(バアトル)
「話せば長くなるのだが……って、お前、よく吾輩だと気づいたな。姿が全然違うはずだが」
シオン(ジョルジュ)
「いえ。細部は違えど、全体的に先輩、って感じですよ。パワープレイに走りがちな顔と身体と雰囲気をしていますし」
かに(バアトル)
「そりゃどういう意味だ!?」
アルフォンス
「(割り込み)かに、この人は? 召喚は成功したのか!?」
かに(バアトル)
「ああ。こいつはシオン。狩猟の異界における吾輩のファミリーの1人であり、ファミリーの頭脳担当だ」
シオン(ジョルジュ)
「まだ事情はつかめませんが、皆さん、宜しくお願いします(会釈)」

アルフォンスアンナシャロン
カミラオグマ水着チキ
「……かにのファミリー?(警戒)」

かに(バアトル)
「……なぜ警戒する?」
シオン(ジョルジュ)
「皆さんが警戒されるのも無理からぬことですが……」
かに(バアトル)
「なぜ即座に納得する!?」
シオン(ジョルジュ)
「(無視)私は、先輩のファミリーの中で唯一まともな人間です。ご安心ください(微笑)」
アルフォンス
「そ、そうか、よかった! 狩猟の世界にもまともな英雄が居たんだね!(ぱぁぁぁ)」
かに(バアトル)
「だからそれは失礼だろ!?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



アルフォンス
「(かくかくしかじか)……という訳なんだ」
シオン(ジョルジュ)
「先輩の策で戦闘……。なんと無謀なことを(眉ひそめ)」
かに(バアトル)
「何故だ!?」
アンナ
「(無視)機関の長として猛省しているわ……」
アルフォンス
「そこで急遽、君……シオンを呼んでもらったんだ」
シャロン
「どうでしょう? 立て直せそうですか?」
シオン(ジョルジュ)
「(機関の資料を見つつ)……ふむ」


かに(バアトル)


「なんでいなんでい……。全員で吾輩を無能扱いしやがって」
女マーク
「大丈夫です! 私はいつだって師匠の味方ですよ!」
かに(バアトル)
「おお、我が弟子よ……(感涙)」
かに(バアトル)
「そうだよな。吾輩が一番軍を上手く指揮できるよな? シオンなんかには負けてないよな?」
女マーク
「うーん、それはどうでしょう? あの人、師匠より1万倍は頭良さそうですし」
かに(バアトル)
「お前はどっちの味方なんだ!?(怒り)」


シオン(ジョルジュ)


「……先輩」
かに(バアトル)
「お、どうだ? 吾輩の指揮に悪いところなど1つもなかっただろう?」
シオン(ジョルジュ)
「いえ。軽く見ても3つ、改善点があります」
かに(バアトル)
「な、なぬ!?」
アルフォンス
「是非聞かせてくれ!」
シオン(ジョルジュ)
「まず1つ。戦闘中は、3すくみの法則に基づいて指揮をしましょう」
かに(バアトル)
「……さんすくみ?」
アルフォンス
「僕が話しただろう!?」
かに(バアトル)
「は? ……いつ?」
アルフォンス
「最初の戦闘に入る前だよ!」
かに(バアトル)
「はっはっは、そりゃ無理だアルフォンス。戦闘直前など、アドレナリン全開で話を聞いている暇などあるものか」
シオン(ジョルジュ)
「……とまあ、万事につけてこの調子なので、話すのであればなるべく落ち着いている時にしてください」
アルフォンス
「……今、それを学んだよ(疲)」
シオン(ジョルジュ)
「さて、次に2つめの改善点です。3すくみの法則に関係しますが、メンバー構成が偏り過ぎです」
かに(バアトル)
「メンバー構成? 偏り?」
シオン(ジョルジュ)
「まず、主力8人中、4人が緑斧という点がいただけません」
かに(バアトル)
「はっはっは、そんなバカな。緑斧は吾輩とアンナだけだろ?」
カミラ
「かに? 私も武器は斧よ?」
水着チキ
「私のこん棒も斧に入るんですって」
かに(バアトル)
「……そういや、セクシー戦隊ダイナマイツの隊員に関しては、武器度外視だったな」
アルフォンス
「だから僕があれほど考え直してくれと言ったじゃないか……(疲)」
シオン(ジョルジュ)
「さらに、遠距離攻撃可能な魔道の使い手、弓使い、暗器使いの類がマークただ1人しか居ないのも問題です」
かに(バアトル)
「……おおう(手ポン)」
女マーク
「ど、どうりで私の負担が重いと思いました!(ガーン)」
シオン(ジョルジュ)
「最後に、メンバーの兵種が歩兵と飛行に偏り過ぎです」
かに(バアトル)
「……へいしゅ?」
アルフォンス
「歩兵と飛行と騎馬と重装のことだよ! これも話しただろう!?」
シオン(ジョルジュ)
「重装は機動力が低い代わりに戦闘力が高く、騎馬は機動力に優れるようです。用兵する側として、この2種を外すということはあり得ません」
かに(バアトル)
「……まてシオン」
シオン(ジョルジュ)
「はい?」
かに(バアトル)
「一度に沢山のことを言われたからか、吾輩、頭が割れるように痛いのだが」
シオン(ジョルジュ)
「(ため息)……以上の点を改善すれば、だいぶマシになると思いますよ。……どうしました?」
アンナ
「(感涙)……初めて私、異界から英雄を呼んで良かったって思ってるわ」
アルフォンス
「(同じく)……僕もです、アンナ隊長……」
シオン(ジョルジュ)
「あの……大丈夫ですか?」
アンナ
「ああ、ごめんなさい。今まで残念な英雄ばっかりだったから、貴方の姿が眩しくって(涙ぬぐい)」
シオン(ジョルジュ)
「それは……心中お察しします」


水着チキ


「……アンナが言ってる残念な英雄の中に、私は入ってないよね? 私、☆5だもんね?」
オグマ
「……ノーコメントだ」


アルフォンス


「(居ずまい正し)……シオン」
シオン(ジョルジュ)
「はい?」
アルフォンス
「改めて、こんな戦いに巻き込んでしまってすまない。でも、僕たちには君が必要なんだ」
シャロン
「あれ? なんだかどこかで聞いたセリフ?」
かに(バアトル)
「ちょっと待て! お前、吾輩の存在を無いことにして、改めてシオンを召喚師として話を進めようとしてないか!?(胸倉掴んでゆすり)」
アルフォンス
「(ガックンガックン)……ああ、すまない。今までのことは全部夢だったらいいな、って思ったらつい、ね……(目そらし)」
かに(バアトル)
「吾輩の言葉を丸々肯定したなこの野郎っ!」
アンナ
「とにかく! 今後、戦略の類は全てシオンに委ねるわ」
かに(バアトル)
「承服できん! 機関の軍師は吾輩のはずだぞ!?」
アンナ
「これはヴァイス・ブレイブの長としての決定よ!」
かに(バアトル)
「ぬうう。さてはセクシー戦隊ダイナマイツに入れなかったことへの報復だな?」
アンナ
「断じて違うわよっ!」
かに(バアトル)
「……まあいい。しかしお前ら、後悔するなよ?」
アルフォンス
「……後悔?」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



かに(バアトル)アルフォンスアンナシャロン
女マークカミラオグマ水着チキ
(ボロボロ)

シオン(ジョルジュ)
「お疲れ様でした皆さん。快勝でしたね(微笑)」
オグマ
「どこがだ!? 何度も何度も死にかけたわ!」
シオン(ジョルジュ)
「大丈夫です。一度の戦闘で撤退に追い込まれなければ、次の戦闘ではHPは全回復しますから」
オグマ
「そ、それはそうだんだがな……」
女マーク
「私なんて実際に一回撤退しましたよ!? あれって絶対、マークちゃんを捨て駒にしましたよね!?」
カミラ
「飛行ユニットなのに、弓使いに特攻させてたものねぇ」
シオン(ジョルジュ)
「大丈夫です。マークはあの時、敵を一人も倒していなかったので、経験値を得ていません。撤退しても失うものは何もありませんよ」
女マーク
「そ、それはそうですけど、私の精神的な何かが失われますよ!?」
シオン(ジョルジュ)
「そうですか。では、次の戦いまでには取り戻しておいて下さい(にっこり)」
女マーク
「師匠師匠! この人なんだか怖いですよ!?」
アンナ
「ええっとシオン? 確かに指揮は理にかなってるんだけど、その、もうちょっと楽に勝たせて貰えないかしら?(恐る恐る)」
水着チキ
「さっき見たら、敵のレベルが私たちより3つも上だったよ?」
シオン(ジョルジュ)
「敵とのレベル差が大きければ大きいほど、得られる経験値も大きくなります」
シオン(ジョルジュ)
「つまり、可能な限り敵よりレベルが低いメンバーで戦い、尚且つ経験値を得たメンバーを生き残らせる。これが最も効率が良い戦闘なのです」
シオン(ジョルジュ)
「……分かりますね?(にっこり)」
アンナ水着チキ
「は、はい……(戦々恐々)」



アンナ


「(ひそひそ)……ちょっとかに! これは一体どういうこと!?」
かに(バアトル)
「(ひそひそ)……だから後悔するなと言っただろうが」
かに(バアトル)
「(ひそひそ)……アイツの、元の世界での異名を知ってるか? 冷血軍師だぞ?」
シャロン
「(ひそひそ)……れ、冷血?(汗)」
かに(バアトル)
「(ひそひそ)……ああ。作戦自体は完璧なんだが、それを遂行するためには犠牲、苦労、人間性は全て度外視するんだよ」
アルフォンス
「(ひそひそ)……それで付いた異名が冷血軍師、か」
シャロン
「(ひそひそ)……この僅かな期間で、メンバー全員にそれを知らしめましたね~」


シオン(ジョルジュ)


「……さて、次の戦闘は先輩、アルフォンス、シャロン、アンナにお願いしましょうか」
シオン(ジョルジュ)
「レベル差は過去最大の5ですが……あなた達なら大丈夫でしょう(にっこり)」
かに(バアトル)アルフォンスシャロンアンナ
「あ、あはははは(引きつり笑い)」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

管理人レス

やはりファミリーあっての本ブログですからw

世界樹、また出るんですね。しかも3DS最後と……。

とりあえず3DSがまだ動くかどうかを確認してみますw
まだ動くようなら……せっかくだし買うかもしれません。パラディンも使えるようですしw

かにファミリーの行方が気になってたけど、シオン登場で安心しました
なんか前よりスパルタになってる気がしないでもないですがww
話は変わりますが、かにさんは今年発売の世界樹の迷宮は買いますか?

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/566-a5ebbc10