FC2ブログ

前のページ /  次のページ  2018/06/05

未来の赤魔エース、ゲット?

⇒ TOPFEH日記>未来の赤魔エース、ゲット?



■アスク王国



女マーク
「それで師匠、伝承英雄ガチャはどうだったんですかー?」
かに(バアトル)
(がしっと頭掴んでグリグリグリ)
女マーク
「痛い痛い痛いですー!?」

伝承英雄ガチャ


シオン(ジョルジュ)
「ついに伝承英雄ガチャの☆5ピックアップ率も、新花嫁ガチャに続いて10%台に突入ですね」
かに(バアトル)
「何故だ!? 吾輩のリアル激運はどこに行ってしまったのだー!?」
セバスチャン(漆黒の騎士)
「元々そんなものは無かった説が有力だニャ」
かに(バアトル)
(がしっと兜掴んでミシミシミシ)
セバスチャン(漆黒の騎士)
「痛い痛い痛いニャー!?」
シャロン
「いやー、大スランプですね」
アンナ
「何が問題って、かにが☆5英雄を引かないと、新規戦力が加入しないのが問題なのよ」
アルフォンス
「そうですね」
男マーク
「そんなことはありません! ☆4でも戦力に足る英雄は居るんです! そう、例えば僕のように!」
アルフォンス
「まあ、確かにそれはそう……」
男マーク
「……」
アルフォンス
「……えーっと、君は?」

男マーク参上


男マーク
「申し遅れました! 僕はマークです! 天才軍師ルフレの息子なんですよーっ! 母さーん、どこですかー?」
アンナ
「ちょっとかに、また迷子を連れてきたの?」
かに(バアトル)
「ん? ああ、このガキな。さっき召喚したんだが、吾輩の弟子になると言ってきかなくてなぁ」
シャロン
「どこかで聞いた話のような……。というか、君、マークっていうの?」
男マーク
「はい! 僕の名前はマークです! ……って、あれ?」
女マーク
「あれ?」

男マーク女マーク
「……」

シャロン
「似てますよ、ね?」
かに(バアトル)
「似てるなぁ」
アンナ
「兄弟かしら?」
男マーク
「やあ、女の子の僕! 僕はマーク!」
女マーク
「はあい、男の子の私! 私はマーク!」
男マーク
「じゃあ僕はマーク君で!」
女マーク
「私はマークちゃんで!」

男マーク女マーク
「今後とも宜しく!(がしっと握手)」

アルフォンス
「……あっという間に順応したね」
アンナ
「アホな子はこーゆーとこ速いわよね」
シャロン
「アンナ隊長、そんなまたズッパリと……」
かに(バアトル)
「で、コイツら一体何なんだ?」
シャロン
「(英雄辞典開き)……えーっと、どうやら二人は同一世界の異なる存在、って感じらしいです」
かに(バアトル)
「意味が分からん」
シャロン
「つまりですねー、覚醒の異界にはルフレっていう人が居て、その人が男だとその子供はマークちゃんで、女だとその子供はマーク君になるらしいです」
かに(バアトル)
「……そのルフレってのが男なのか女なのかはっきりしないのが、そもそもの問題っぽいな」
シャロン
「異界には異界の事情があるんですよ、きっと」
かに(バアトル)
「まあいい。で、男マークのユニット性能はどんな感じなんだ? 一軍で使えそうか?」
男マーク
「もちろん使えますよ! 僕を☆5にしてくれれば『魔書ギムレー』が使えます!」
かに(バアトル)
「ほほう。その魔書ギムレーとやらはどんな能力なのだ?」
男マーク
「分かりません! だって僕まだ☆4ですから!(胸張り)」
女マーク
「あはは、それじゃしょーがないですよねー♪」
かに(バアトル)
「……シャロン嬢、解説」
シャロン
「はーい。(英雄辞典開き)……マーク君は赤魔ですね。魔書ギムレーはマーク君の専用武器です」
かに(バアトル)
「赤魔か。赤魔エースのアルヴィスと差別化できるかが問題だが」
シャロン
「魔書ギムレーの特徴は、攻撃した敵とその周囲2マスの敵の攻撃速さを-5することですね」
かに(バアトル)
「-5か。それはデカいが、暗器の方が下げ幅デカいし、アルヴィスは攻撃防御魔防を謀策で下げれるからなぁ」
シャロン
「さらに、マーク君とその周囲2マスの味方の攻撃速さを+5します」
かに(バアトル)
「はぁ? デバフとバフを両方一度に掛けるってことか?」
アルフォンス
「それは暗器には無い、強力な能力だね」
男マーク
「そうなんですか! 流石は僕ですね!」
女マーク
「流石は男の子の私です♪」
アンナ
(……)
シャロン
「アンナ隊長、目が口ほどにものを言ってますよ……」
かに(バアトル)
「まあ、バフを掛けれる時点で、アリヴィスとの差別化は出来てる訳だな。他の能力値は?」
シャロン
「☆5のレベル40で速さが34です。赤魔の中ではかなり上位の速さですね」
シャロン
「攻撃も47で結構高いです。ただ魔防は26なので、受け性能は低めですね」
シオン(ジョルジュ)
「謀策系も難しいですね。より攻撃に特化したアルヴィス、といったところですか」
かに(バアトル)
「そこに強力なバフ、デバフが追加だからな。赤魔エースも狙える逸材かもしれん」
男マーク
「流石は僕です♪」
女マーク
「流石は男の子の私です♪」
かに(バアトル)
「……まあ、知能面はちょっとアレだが」
シオン(ジョルジュ)
「能力値的には、Aスキルに死線、Bスキルに水薙ぎを付けて、先陣を切ってバフ、デバフをばら撒くか……」
シオン(ジョルジュ)
「あるいはAスキルに相性激化を付けて緑系に強くしつつ、Bスキルに殺し系を付ける、といった運用が考えられますね」
かに(バアトル)
「ふむ……。まあ、まずは育ててみるか。☆4排出するってことは、将来的に☆5で10凸も狙いやすいし」
男マーク
「やったー♪ 皆さん、これからよろしくお願いしますねー♪」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/598-11d7cc0e


FC2Ad