前のページ /  次のページ  2018/06/13

ライナス大英雄戦インファナルを攻略せよ!

⇒ TOPFEH日記>ライナス大英雄戦インファナルを攻略せよ!



■アスク王国



かに(バアトル)
「さてと。ではバアトル嫁ことカアラのスキルをセットアップせねばならん訳だが」
アルフォンス
「結局、どういう組み合わせにするんだい?」
かに(バアトル)
「色々悩んだ結果、奥義は『疾風迅雷』、Aスキルは『攻撃速さの大覚醒』、Bスキルは『攻め立て』にしようと思う」
アンナ
「高級素材ばっかりね……」
カアラ
「うむうむ。いいぞバアトル。結婚した後も、妻は大事にするものだ(満足げ)」
セバスチャン(漆黒の騎士)
「(ひそひそ)……ズバリ、脅されたニャ?」
かに(バアトル)
「(ひそひそ)……攻撃51、速さ44の赤剣ってのは、緑斧にとっては暴力だよなぁ(遠い目)」
シャロン
「ま、まあ、それはともかく、どこから手を付けます?」
かに(バアトル)
「攻め立てが一番安いんだが、攻め立て師匠ことシャニーは、最近我が軍に来てくれんな」
アンナ
「攻め立てはカアラの他にも、飛行ヒノカやニノ、カミラとかが列を作って待ってるものね」
かに(バアトル)
「まあ無いものねだりをしても仕方あるまい。あるところから行こう」
アンナ
「でも、疾風迅雷もティアモ召喚待ちだし、攻撃速さの大覚醒は今まで見たことないわよ?」
シャロン
「(英雄図鑑めくり)……攻撃速さの大覚醒は、クリスマスルフレさんしか持ってないスキルですね」
かに(バアトル)
「よりによって超英雄か。期間限定の英雄じゃ手も足も出んな」
カアラ
「むう……。どうにかならんのか?」
かに(バアトル)
「とは言われてもな、ガチャに入っていないのでは……」
シオン(ジョルジュ)
「先輩、朗報です」
かに(バアトル)
「ん? 何が朗報だって?」
シオン(ジョルジュ)
「現在行われている大英雄戦で入手できる、四牙の一角、【狂犬】ライナスが、攻撃速さの大覚醒を所持しているそうです」
かに(バアトル)
「おう、それはナイスタイミング」
カアラ
「まさに天の配剤だな」
セバスチャン(漆黒の騎士)
「というか、Aスキルが空いてるカアラ召喚の裏の大英雄戦で攻撃速さの大覚醒持ちを配るってのは、運営の意図を感じるニャ~」
カアラ
「ではバアトル。早速その大英雄戦とやらに行くぞ!(首根っこ掴み)」

スタスタスタ(ずりずりずり)

かに(バアトル)
「(引きずられ)……行ってきまーす」


アンナ


「……二人で攻略するつもりかしら?」
シオン(ジョルジュ)
「流石にそういう訳にもいかないでしょう。……イシュタル、オリヴィエ、あの二人のサポートをお願いします」
イシュタル
「了解しました」
オリヴィエ
「は、はい~……」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆




■烈火の異界



かに(バアトル)
「……という訳で、ライナス大英雄戦インファナルにやってきた訳だが」

ライナス大英雄戦インファナル1


イシュタル
「……あの、召喚士殿?」
かに(バアトル)
「ん? どーした雷神様」
イシュタル
「大英雄を仲間にするだけであれば、難易度はハードでもルナティックでもいいはずですが……。なぜインファナルなんです?」
かに(バアトル)
「はっはっは。分かってないな雷神様。そこに山があるなら、まずは一番高い山から攻略する! それが戦士の生き様なり!」
カアラ
「(パチパチ拍手)良く言ったぞバアトル。それでこそ我が夫」
オリヴィエ
「に、似た者夫婦ですね……(汗)」
イシュタル
「はぁ……。それで、どう攻略しましょうか?」
かに(バアトル)
「ん~、それなんだが……今回の大英雄戦はえらく簡単だな」
オリヴィエ
「そうなんですか?」
かに(バアトル)
「ああ。今までの大英雄戦インファナルなら、鉄壁の布陣、大量の増援、多種多様なユニット、ってのが相場なんだが」
イシュタル
「(じー)……確かに、今回の布陣には隙がありますね」
かに(バアトル)
「だろ? しかもこれで増援も無しときたもんだ。こりゃ楽勝だな」
カアラ
「それは頼もしいな。では……どこから斬る?(刀抜き)」
かに(バアトル)
「待て待て待て。先陣はいつも通り雷神様だ」
イシュタル
「了解しました。攻撃ルートは左端、ですね?」

ライナス大英雄戦インファナル2


かに(バアトル)
「そうだ。ここからなら簡単に攻撃できるし、引くことも容易だ」
イシュタル
「では、行きます。オリヴィエ、援護を!」
オリヴィエ
「は、はい! 私の踊りを見てください!」

ライナス大英雄戦インファナル3


かに(バアトル)
「という訳で、初撃で二人撃破だ。これでもう勝ちが見えたな」
カアラ
「ふむ……。で、私は誰を斬ればいい?」
かに(バアトル)
「(好戦的だなぁ……)じゃあ、吾輩がドラゴンナイトを迎撃しつつシーフを受けるから、シーフと右のマムクートを落としてくれ」
カアラ
「心得た! ふふふ、久々に何かを斬れるな。ワクワクするぞっ♪」
かに(バアトル)
「いやそれ怖いし、前回も前々回も吾輩斬られたし」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



かに(バアトル)
「という訳で、ライナス大英雄戦インファナル、初見クリアー」
カアラ
「いい戦いだったな!(すっきり笑顔)」
イシュタル
「まあ、簡単なのはいいことです。……いつもいつも高難度ばかりでは、胃に穴が開いてしまいそうですから……」
オリヴィエ
「だ、大丈夫ですか~……?」
かに(バアトル)
「で、お前がライナスか」
ライナス
「ああ、俺が【狂犬】ライナスだ。負けたからには仕方ねぇ。好きに使ってくれ」
カアラ
「よし、よく言った。では……我が刀の錆となるがいい!(刀抜き)」
ライナス
「ぬぉぉ!?」
かに(バアトル)
「ちょっと待てーーーっ!!! いきなり斬ってどーする!?」
カアラ
「む? スキル継承とはこういうものではないのか?」
かに(バアトル)
「全然違うわ! 継承のたびに斬ったはったしてたまるか!」
カアラ
「そうなのか。我が一族では、剣の奥義を継承したものは一族郎党、全て斬るという掟があったものでな」
かに(バアトル)
「……お前。その掟をバアトル家には持ち込むなよ?」
カアラ
「無論だ。可愛い娘を斬らねばならんような掟は、こちらから願い下げだ」
かに(バアトル)
「……あれ? 旦那については明言無し?」


ライナス


「……で、結局俺はどーすりゃいいんだ?」
オリヴィエ
「あ、えっと~……あそこのお姉さんに、攻撃速さの大覚醒を教えてあげて欲しいんですけど……」
ライナス
「アイツにか? ……別に構わねえが、またいきなり斬りかかったりしねえだろうな?」
イシュタル
「……ごめんなさい。それは確約できないわ」
ライナス
「できねえのかよ!? ……ったく、俺よりよっぽど狂犬っぽいじゃねえか」
イシュタル
「返す言葉もないわね……」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/604-0720760e


FC2Ad