FC2ブログ

前のページ /  次のページ  2018/12/03

階級20への昇級がピンチ!

⇒ TOPFEH日記2>階級20への昇級がピンチ!



■アスク王国



シャロン
「エクラさん! 隊長! 闘技場が大変です!」
エクラ
「ん? どうしたシャロン嬢。何が大変だって?」
シャロン
「闘技場が大変なことになってるんです!」
アンナ
「大変って……何が? 今シーズンは、過去最高の3,578点を出して、階級20への昇級を待つばかりのはずだけど」

闘技場危うし0


シャロン
「それが全然安心じゃ無くなっちゃったんですよ!」
アルフォンス
「2人とも、これを見て貰えば分かると思うよ」
エクラ
「どれどれ……ぶっ!?」

闘技場危うし1


アンナ
「い、10,658人中、9,452位!? ボーダーギリギリじゃない!」
エクラ
「いや……。3日残してこの順位ということは、今シーズン終了時には確実に圏外だ」
シャロン
「どーしましょう? ここで階級20に上がらないと不味いんですよね?」
エクラ
「うむ。至天の召喚王までストレート昇級の夢が断たれてしまう」
アルフォンス
「……確か、当初の目標は至天の召喚王になるだけで、ストレート昇級は入っていなかったと思うけど」
エクラ
「ここまでストレートで来たなら、最後まで行きたいのが人情ってもんだ」
アンナ
「夢を語るのは勝手だけど、今シーズンはどうするわけ? 言っておくけど、今シーズンも私、結構頑張ったわよ?」
エクラ
「分かってる。だが、まだ策が無い訳では無い」
シャロン
「おお、流石は名軍師エクラさんですね♪ それで、策って?」
エクラ
「アンナにもっと頑張ってもらう」
アンナ
「アンタバカ!? バカなの!? ええ前からバカだとは思ってたけどっ!」
エクラ
「落ち着け。実は今回、過去最高点を更新したものの、ボナキャラであるお前が全ての敵を撃破した訳じゃないだろ?」
アンナ
「そ、そりゃそうだけど……。でも、私じゃ赤剣のゼルギウスとか赤竜のハロウィンミルラに勝つのは無理よ?」
エクラ
「そこはちょっと工夫してみよう。とりあえず、烈火と二種応援をお前に覚えてもらう」
アンナ
「烈火? 天空とかじゃなくて?」
エクラ
「天空はコストが高いし、そもそも天空を覚えても不利属性に勝てるようにはならないからな」
アンナ
「……烈火なら勝てるようになるわけ?」
エクラ
「確率は上がる。何せマップ兵器である烈火のダメージは、三すくみの影響を受けないからな」
アンナ
「……成程ね。その時、HPを減らして攻撃守備の大覚醒状態になって、かつ攻め立て効果が出せれば三連撃できるから……」
エクラ
「そーゆーこと。不利属性相手にも、かなりの確率で撃破できるだろう」
アルフォンス
「二種応援は査定用かい?」
エクラ
「そうだ。烈火と合わせて、これでアンナの査定が1上がるはずだ」
シャロン
「それでも1じゃ、焼け石に水じゃないですか?」
エクラ
「あとは、今まで全くやってなかったが、対戦相手を少し厳選しよう」
アルフォンス
「今までは対戦権の剣を温存してきたけど、ここで在庫を使うんだね」
エクラ
「少しだけな。あとはバックアップとして、スルトを投入する」
アンナ
「緑斧の私と属性が被ってるけど?」
エクラ
「いいんだ。スルトの役割は、守備隊形&シンモラによる削りと、炎王の威嚇によるデバフだ」
アンナ
「そっか。削れて弱った相手を、私が仕留めるって訳ね?」
エクラ
「その通り。ここまでやれば、少しはスコアアップ出来るだろう」
シャロン
「じゃあ隊長、頑張ってきてください♪」
アンナ
「頑張るは頑張るけど……どれだけ上げられるかは分からないわよ?」
エクラ
「大丈夫だ。人間、死ぬ気になれば何でも出来る(朗らかな笑い)」
アンナ
「死んだら化けて出てやるからね!」



☆    ☆    ☆    ☆    ☆



アンナ
「(ぼろぼろ)こ、これで……どう!?」

闘技場危うし2


エクラ
「おー、ご苦労ご苦労。少しはスコアが上がったじゃないか」
アルフォンス
「3,578点から3,629点、その差51点は少しじゃ無いと思うよ(呆)」
エクラ
「とは言え、何点になっても階級20に上がれなければ意味が無いからなぁ」
アルフォンス
「流石にここまで上がれば大丈夫だと思うけど」
アンナ
「というより、これ以上は私には無理よ! もう絶対に無理!」
シャロン
「どれどれーっと……」

闘技場危うし3


シャロン
「10,677人中、4,650位。うん、これなら大丈夫じゃないですか?」
エクラ
「そうだな。まず安全圏と見て良かろう」
アルフォンス
「だそうです。隊長、お疲れ様でした。……隊長?」
アンナ
(Zzz)
シャロン
「もう寝てます。よっぽど疲れたんですね~(毛布掛け)」
エクラ
「しかし、今シーズンは無事昇級できそうだが、来シーズンは更に厳しそうだな」
アルフォンス
「そうだね。今でも、階級20への昇級の半分より少し上程度にしか入れていない」
アルフォンス
「何か大きな手を打たないと、来シーズンの至天の召喚王への昇級は難しいだろうね」
エクラ
「大きな手と言ってもなぁ。今打てる手は、ほぼ打ち切ったのだが。……まあ、打てる手は打っておくか」





ブログランキング参加中! 応援、宜しくお願いします!
にほんブログ村 ゲームブログ ファイアーエムブレムへ





コメント

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://helmetgunner.blog48.fc2.com/tb.php/655-a98cdea0


FC2Ad